PEN

弊社発行の月刊静脈経腸栄養ニューズ「PEN」は、現在、注目を集めている静脈経腸栄養分野の最新情報を提供する新聞です。

医師をはじめコ・メディカルの方々に御愛読いただいております。

これからも、栄養分野の最新情報を提供していきます。 

最新号
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年5月号(通巻第402号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年5月号(通巻第402号)

◆第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会Report
・JSPEN REPORT①葛西森夫記念講演
「新時代を迎えた腸内常在菌研究
~腸内常在菌データベースによる健康管理法の確立~」
・ヒトの大腸管部には多くの細菌が存在/・腸内常在菌は疾患の病態に関与する/
・腸内常在菌は精神・心理にも影響を及ぼす/・腸内常在菌は寿命とも関連する/
・腸の老化は肌のトラブルや脳の老化と関連/・大便のデザインで体をコントロールできる/・野菜とプロバイオティクスの摂取が重要 他
◆JSPEN REPORT② 小越章平記念Best Paper in The Year受賞講演 要旨
「要介護高齢者のEAT-10で評価した嚥下障害は、低栄養、ADLと関連する」若林秀隆先生
◆JSPEN REPORT③ 大柳治正記念学術振興アワード受賞講演
◆JSPEN REPORT④ パネルディスカッション09「嚥下調整食の工夫」
◆JSPEN REPORT⑤ 「褥瘡対策最前線2017」
◆JSPEN REPORT⑥ 「CGMが切り拓く新時代―経腸栄養のエビデンスの整理と実践―」
◆REPORT 腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム2017 講演要旨
・特別講演 低たんぱく食の治療効果/・パネルディスカッション 低たんぱく食・成功症例集
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第20回 輸液・経腸栄養用ポンプ
・ポンプの分類(駆動方式/制御方式)/・輸液ポンプとシリンジポンプ/・経腸栄養用ポンプ 製品、仕様一覧
◆関連学会情報
お申込み
お申込み方法 PENのバックナンバー及び年間購読をご希望の方は、

こちらから申込用紙をダウンロードし、必要情報をご記入の上、ファックスにて
03-3578-0304 までお申込下さい。

申込用紙のダウンロード(PDF)

お問い合わせ先 株式会社ジェフコーポレーション
〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目16番3号 芝大門116ビル3階
TEL:03-3578-0303/FAX:03-3578-0304
E-mail:info@jeff.co.jp
バックナンバー
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年4月号(通巻第401号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年4月号(通巻第401号)

◆日本静脈経腸栄養学会学術集会 開催
メインテーマは「すべては患者さんのために―All for a patient―」
・特別講演・記念講演・教育講演/・受賞講演/・特別プログラム/・シンポジウムほか
◆JSPEN REPORT①
武藤輝一記念教育講演「食べる、食べられない、食べ過ぎる」
・内視鏡技術の進歩と消化器疾患の変化/・摂食調節と消化管ホルモン/・消化管の知覚/・消化管の運動機能 他
◆JSPEN REPORT② 実験研究助成金受賞者講演
◆JSPEN REPORT③ クリニコYOUNG DOCTORS AWARD受賞講演
◆JSPEN REPORT④ JEFFスカラーシップ賞受賞者講演/JEFFスカラーシップ賞受賞の言葉
◆REPORT 「今。求められるがん治療における栄養管理」(第20回日本病態栄養学会年次学術集会ランチョンセミナーより)
・術前栄養状態と術後合併症率の関連/・術後栄養状態及び術後合併症と予後の関連/
・体重減少のメカニズム/・術後の体重減少対策 他
◆REPORT 第22回日本健康体力栄養学会大会開催
「超高齢社会における健康寿命の延伸~予防からケアまで~」講演要旨
・基調講演「超高齢社会の現状と問題点」/・教育講演「地域包括ケアの概要」/・シンポジウム「健康寿命延伸のための予防からケアまで」
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第18回 特別用途食品(総合栄養食品)
・特別用途食品の分類/・基準・規格/・近年の動向/・製品組成一覧
◆新製品情報
・洋菓子メーカーと大学病院による、産学連携共同開発スイーツ/・少量で栄養不足を補うスープ/・アルギニン、EPA配合
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年3月号(通巻第400号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年3月号(通巻第400号)

◆第20回日本病態栄養学会年次学術集会
 20回記念大会として開催
シンポジウム「がんの緩和ケアにおける栄養サポート」発表要旨
主要プログラム一覧
◆第14回日本機能性食品医用学会総会
「機能性食品の再評価」をテーマに
シンポジウム「機能性表示食品制度の検証と今後の展望」発表要旨
◆第51回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会
「生活習慣病―さらなる健康長寿社会に向けて―」をテーマに開催
・理事長講演「糖尿病診察ガイドライン2016」/・会長講演「生活習慣病と消化器疾患」/・教育講演「生活習慣とがん」 発表要旨
◆Special Preview
日本栄養アセスメント研究会の歩みと今後の可能性 インタビュー 和佐 勝史 先生 ◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第18回 物性調整食品(その他)
◆新しい介護食品 スマイルケア食「青」マーク利用許諾商品
・青マークを表示できる食品/・栄養素基準値/・その他
◆新製品情報
エネルギー・たんぱく質補給飲料に人気の2風味が仲間入り
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年2月号(通巻第399号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年2月号(通巻第399号)

◆第78回日本臨床外科学会総会
“事上磨錬の実践”をテーマに
ワークショップ「筋肉量・筋力の低下(サルコペニア)を考慮した外科治療のあり方」
発表要旨
◆第47回日本消化吸収学会総会より~教育セミナー2~
経腸栄養における食物繊維の活用~腸内環境からみた経腸栄養の合併症対策とは~
講演ハイライト
・消化器系合併症と腸内細菌叢/・プレバイオティクス/・プロバイオティクス/・シンバイオティクス
◆「スマイルケア食」の現況
識別マーク利用許諾要領の運用開始により、今後の普及にも期待が高まる
・「青」マークを表示できる食品/・「黄」マークを表示できる食品/・「赤」マークを表示できる食品の基準/・「そしゃく配慮食品の規格と「黄」マークの分類の対応」一覧表
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第17回 物性調整食品(ゾル)
・概況/・使用方法や添加量を守ることが重要/・「とろみ調整食品」製品使い方、特長、栄養成分等一覧
◎特別インタビュー「粘度可変型流動食の臨床的意義と今後の展望」佐々木雅也先生
・開発の経緯/・胃内pHと半固形化/・半固形化流動食であることの意義/・多施設共同試験/・今後の展望
◆新製品情報
・うなぎの蒲焼の風味と見た目を再現/・プレバイオティクス食品を新発売/人気の介護食シリーズに3品種が追加
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年1月号(通巻第398号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2017年1月号(通巻第398号)

◆謹賀新年 日本静脈経腸栄養学会理事長挨拶
―広く社会に向けて貢献する準備も整い、いよいよ次のステージへ―
・内固外進(組織体制の強化/NST活動の充実/ESPEN/A.S.P.E.N./PENSA)/・みんなのJSPEN(若手の育成と教育体制の充実/英文誌『Annals of Nutrition and Metabolism』/WAVES JAPAN in 岡山)
◆第13回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会開催
「在宅栄養の地域連携を進めるために」パネルディスカッション要旨
◆第3回日本サルコペニア・フレイル研究会 研究発表会
健康寿命延伸に向けてのサルコペニア・フレイル対策
基調講演「フレイルのイベントとしての転倒」発表要旨
・フレイルの概念/・フレイルの診断方法/・フレイルと転倒の関係/・転倒の検査方法/・フレイル予防と包括的転倒予防
スポンサードシンポジウム「臨床応用できるフレイル・サルコ評価指標について」発表要旨
◆第5回中部在宅栄養ケア研究会Report
「施設から在宅への連携」をテーマに開催
特別講演「大和市における低栄養防止・重症化予防の訪問栄養相談」要旨
・大和市の健康政策と管理栄養士の役割の増大/・低栄養防止のための訪問栄養指導/・重症化予防(慢性腎臓病)の取り組み
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第16 物性調整食品(ゾル)
・概況/・とろみの分類(A.ユニバーサルデザインフードにおける「とろみ表現の目安」の設定/B.学会分類2013(とろみ))/製品一覧
◆新製品情報
・少量で栄養不足を補う粉末スープ
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会「栄養サポートチーム専門療法士」
平成28年度 認定試験合格者の発表(受験番号一覧)
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年12月号(通巻第397号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年12月号(通巻第397号)

◆静脈経腸栄養2016
―PENを通じてこの一年を振り返る―
◆第14回日本機能性食品医用学会総会の開催迫る
インタビュー:長岡 功先生
・「機能性食品の再評価」をテーマに/プログラムの見どころ(特別講演/ランチョンセミナー/シンポジウム/一般演題)/今後の課題と展望 他
◆第6回日本リハビリテーション栄養研究会 学術集会開催
我々はリハ栄養で何ができるのか―今知りたいこと、そして今やりたいこと―
シンポジウム発表要旨・質疑応答
◆第3回栄養管理指導者協議会学術集会開催
 シンポジウム1「経腸栄養剤の採用と使い分け」/特別講演/オープンパネルディスカッション 要旨紹介
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第15回 物性調整食品(ゲル)
・概況/・寒天/・ゼラチン/・その他/・製品組成・基本的使用法・特徴 一覧
◆新製品情報
・栄養補助食品ゼリーに新風味ラインナップ/・3種類の食物繊維+乳酸菌配合の高栄養流動食
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年11月号(通巻第396号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年11月号(通巻第396号)

◆第38回欧州臨床栄養代謝学会 開催
ESPEN2016 in Copenhagen 現地報告 寄稿:小山 諭 先生(新潟大学大学院)
学会参加の準備編/ESPENのテーマ/オープニングセレモニー/
Sir David Cuthbertson lecture/Arvid Wretlind lectureとポスター発表/ブース展示/他
◆第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会 学術大会開催
摂食嚥下リハビリテーションの新たなる挑戦―これからの20年を考える―
ランチョンセミナー「いま一度考えたい! 嚥下調整食分類2013の意味と活用~診療報酬改定で期待される栄養管理の重要性~」発表要旨
・嚥下障害のスクリーニング/・適切な嚥下調整食提供のための検査食とは/・嚥下調整食の分類について/・舌圧と嚥下調整食の関連/・低栄養予防
パネルディスカッション「専門家有志の地域連携から違う立場の人たちとの関係作り、そして地域行政へ」発表要旨
◆第4回血管内留置カテーテル管理研究会 発表要旨
 シンポジウムPICC①、②、③/ランチョンセミナー:血流感染の考え方、診断と対策
 PICC使用状況に関する全国アンケート調査
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第14回 特別用途食品
・特別用途食品の分類/・総合栄養食品/・個別評価型/・乳児用調整粉乳/
・えん下困難者用食品/・製品組成一覧
◆新製品情報
・オルニチンをマスカット味で美味しく補給
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告/同 「NST専門療法士」平成29年 認定教育施設新規および更新申請の広告/同 「NST専門療法士」平成29年 認定教育施設更新対象施設
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年10月号(通巻第395号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年10月号(通巻第395号)

◆第19回日本注射薬臨床情報学会開催
「全身管理に必要な注射薬情報を求めて!」をメインテーマに
ランチョンセミナー 「輸液管理を感染制御から斬る!」発表要旨
製剤の汚染/接続部からの細菌侵入/カテーテル皮膚刺入部からの細菌侵入/遠隔部位の感染巣からの血行感染
大会長講演 「薬剤師がかかわる輸液管理のポイント」発表要旨
 側管注における配合変化回避/血管痛・静脈炎対策/正常値病に罹患していませんか?/酸塩基平衡に及ぼす滴定酸度の影響/その他
特別講演 「医師が求める注射薬に関する情報とは」発表要旨
シンポジウム「TPN、HPN業務の現状と課題」発表要旨
◆第18回日本褥瘡学会学術集会 開催「深まる知識 広がる連携」
シンポジウム 「高齢者のトータルサポート~スキンケア・栄養・排泄・薬物療法~」発表要旨
シンポジウム 
「食事で褥瘡予防・治療をめざす~多職種で「食べる」を支える~」発表要旨
◆第18回日本在宅医学会大会・第21回日本在宅ケア学会学術集会 合同大会開催
「在宅医療とケアの原点」をテーマに
シンポジウム 「在宅における栄養ケア・マネジメント」発表要旨/ディスカッション要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第13回 水分補給用とろみ飲料
・概況/・製品概要/・製品組成一覧
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第13回(2) 特別用途食品
・特別用途食品の分類/・低たんぱく質食品/・アレルゲン除去食品/・無乳糖食品/
・製品組成一覧
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告/同 「NST専門療法士」平成29年 認定教育施設新規および更新申請の広告/同 「NST専門療法士」平成29年 認定教育施設更新対象施設
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年9月号(通巻第394号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年9月号(通巻第394号)

◆日本外科代謝栄養学会第53回学術集会開催
「健康と栄養」をテーマに市民公開講座を開催
シンポジウム「いつまでも健やかでいられるようにスマイルケア食の提案」発表要旨
ディスカッション要旨:低栄養とは具体的にどんな状態か/実際の介護現場で低栄養の人が多く見られるか/低栄養を防ぐために日常の食生活で注意すべき点は/低栄養を予防する上で、スマイルケア食の担う役割とは/他
◆日本外科代謝栄養学会第53回学術集より ランチョンセミナー報告
「がん悪液質から超高齢社会を観る ~from Bench to Bedside, and Beyond~」
発表要旨:がん悪液質の予後評価/がん悪液質と炎症/がん悪液質に対する免疫栄養療法の意義/免疫栄養療法による予後の改善/他
◆第39回日本栄養アセスメント研究会開催
「栄養アセスメントの基礎と臨床」
・Meet the Expert「~栄養剤開発の狙いを探る:病態に応じた栄養サポートと評価~」
 発表・質疑応答・ディスカッション要旨
◆第8回日本静脈経腸栄養学会 近畿支部学術集会 開催
「臨床栄養におけるエビデンスとサイエンスの架け橋」
◎特別企画 鼎談「臨床栄養界のレジェンドに聞く栄養スピリッツ」発表要旨
◎特別講演「腸内細菌コントロールとそれによる代謝変化」
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第12回 水分補給ゼリー(顆粒・粉末タイプ)
・概況/・製品概要/・製品組成一覧
◆新製品情報
・ボトル缶入りとろみ飲料にコーヒーが仲間入り/・栄養補給ゼリー飲料に2つの風味が追加/・とろみ・半固形タイプ 栄養食品の配合成分とパッケージリニューアル
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年8月号(通巻第393号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年8月号(通巻第393号)

◆速報 日本外科代謝栄養学会第53回学術集会開催
テーマは「みんなで研究しよう、みんなで考えよう」
・患者満足度向上と術後早期回復に向けた取り組みの両立/いま、学会に求められる役割・シンポジウム/特別講義「宇宙医学と栄養」/特別企画「症例研究セッション」/Kudsk先生の特別講義/充実の企業共催企画/ほか
◆第58回日本老年医学会学術集会開催
「地域で創る健康長寿と老年医学」
・シンポジウム「高齢期におけるサルコペニアと小児期における栄養との関連を考える」
発表要旨/主なプログラム一覧
◆第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会開催
 地域医療と総合診療医―みんなでつくる地域医療、みんなで育てる総合診療医
・シンポジウム「リハビリテーション栄養とフレイル・サルコペニア予防~プロフェッショナルとしてできることを考えよう~」
 発表・質疑応答・ディスカッション要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第11回 水分補給ゼリー・水分補給パック
・100g当たりのエネルギー量が30kcal以上のゼリー飲料/・経管栄養児の水分補給にも広く使用されている製品/・製品組成一覧
◆新製品情報
・容器も味も一新、EPA・DHA含有の栄養機能食品/・かきまぜても離水しにくい新しいゼリーのお茶用が新登場
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告/・平成28年熊本地震災害救助法適用地域の受験希望者に対する救済措置について/・平成28年熊本地震災害救助法適用地域の資格更新希望者に対する救済措置について
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年7月号(通巻第392号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年7月号(通巻第392号)

◆第19回日本注射薬臨床情報学会 9月に開催
インタビュー:倉本敬二先生 第19回日本注射薬臨床情報学会開催にあたって
・テーマは「全身管理に必要な注射薬情報を求めて!」/
・プログラム概要(ランチョンセミナー/特別講演/大会長講演/シンポジウム/一般演題)、タイムテーブルなど紹介
◆第27回日本在宅医療学会学術集会開催
「病気とともに家で生きる! We Will Live With Disease In Home!」をメインテーマに
・シンポジウム「在宅医療における摂食嚥下障害と認知症への歯科的対応」
発表・ディスカッション要旨
◆第113回日本内科学会総会・講演会開催
・シンポジウム「内科学の新たな視点における病態の理解~epigeneticsから臓器連関まで」
 発表要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第10回 水分補給ゼリー飲料
・概況/・消費者庁「特別用途食品」/・製品組成一覧
◆新製品情報
・リハビリ時・運動時の栄養補給を考慮したホエイペプチド・BCAA配合流動食/
・体に必要な水分と電解質を補給(粉末タイプ)
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告/・同「NST専門療法士」平成28年度認定試験書類審査合格者の受験申請について/同「NST専門療法士」平成28年度認定試験 未更新者の再受験申請について/・同「NST専門療法士」資格更新のお知らせ
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年5月号(通巻第390号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年5月号(通巻第390号)

◆Clinical Nutrition Week 2016 開催
寄稿:福島亮治先生
・2年ぶりの渡米、変った米国の入国審査/・オースティンについて/
・A.S.P.E.N.40周年/学会のセッションについて/Global Leadership Conversation/
International Clinical Nutrition Section, A.S.P.E.N JSPEN meeting, A.S.P.E.N PENSA meeting/講演は今でもネットで閲覧可能/主なプログラム一覧
◆JSPEN REPORT① 葛西森夫記念講演 益崎裕章先生
「臨床栄養をめぐる分子医学の進歩と生活習慣病マネジメント」講演要旨
・肥満症・糖尿病とがん/・沖縄クライシスと食習慣/高脂肪食と小胞体ストレス/
・γ-オリザノールの肥満改善効果/・γ-オリザノールの臨床応用/
・腸内フローラと糞便小腸移植/ほか
◆JSPEN REPORT② 武藤輝一記念教育講演 Vickie Baracos先生
Skeletal muscle in clinical nutrition and metabolism(臨床栄養学と代謝から見た骨格筋)
講演要旨
・骨格筋に対する代謝栄養学的研究の歴史/・炎症と筋肉たんぱく質の動員/
・高解像度画像による筋たんぱく質の定量化/・サルコペニア肥満/ほか
◆第43回日本集中治療医学会学術集会開催
「日本版重症患者の栄養管理ガイドライン」講演要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第8回 栄養素調整流動食3 脂質、その他
・脂質エネルギー比率の高いもの/・脂質を無配合のもの/・その他、脂質の種類に特徴の見られるもの/・製品組成表一覧
◆新製品情報
・甘さを抑え“少量×高栄養”の嚥下補助食品リニューアル/・褥瘡予防・管理ガイドラインで注目の「L-カルノシン」を手軽に摂取可能な栄養補助食品
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」資格更新のお知らせ/・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年4月号(通巻第389号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年4月号(通巻第389号)

◆第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 開催
「臨床栄養におけるリスクマネジメント」
―臨床栄養の質の向上による各種疾病のリスクマネジメントを目指して―
・特別講演・記念講演/・教育講演/・演題応募1700超/・シンポジウムほか/
・参加人数は1万人を超える/・次回は岡山にて開催
◎JSPEN REPORT
①小越章平Best Paper in the Year受賞講演 要旨
②大柳治正記念学術振興アワード受賞講演 3題 要旨
③その他の各賞受賞講演 11題 要旨
④JEFFスカラーシップ受賞者講演 講演要旨
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」資格更新のお知らせ/・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 認定資格「NST専門療法士」平成28年度認定試験に関する公告
◆関連学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年2月号(通巻第387号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年2月号(通巻第387号)

◆第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催 特集号
「臨床栄養におけるリスクマネジメント―臨床栄養の質の向上による各種疾病のリスクマネジメントを目指して―」
学術集会会長インタビュー 田中芳明先生 
◆第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会タイムテーブル
◆第31回日本静脈経腸栄養学会 全プログラム掲載
◆よう来たばい!福岡 ―学会開催会場とその周辺情報―
・福岡県概要/・JSPEN2016会場案内/・会場までの交通機関・手段情報/
・周辺観光情報
◆新製品情報
・本物そっくりのやわらか食に新しい仲間
◆PEN TOPICS
・2015年度グッドデザイン賞受賞「スタンディングバッグ」使用の輸液製剤が製品化
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年1月号(通巻第386号号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2016年1月号(通巻第386号)

◆新年インタビュー 日本静脈経腸栄養学会理事長 東口髙志先生
◎「内固」
・規約の整備・組織の強化/・社会的な立ち位置の確立
◎「外進」
・ESPEN、A.S.P.E.N.とのビジネスミーティング/・成功裏に閉幕したPENSA2015
・IASMENとの関係強化/・外進クラブ
◎「みんなのJSPEN」
・代議員宗委員会活動/・WAVES JSPEN/・若手育成プログラム/・英文ジャーナルの発行
◆第16回日本クリニカルパス学会学術集会
◎未来に向けたクリニカルパス~スマートプラチナ時代の活用を探る~
シンポジウム「栄養管理と地域連携~病院から地域へ~」発表要旨
◆第5回日本リハビリテーション栄養研究会 学術集会in 広島
◎若林秀隆会長 講演「リハビリテーション栄養の今後の展望」要旨
・リハ栄養の現状/・リハ栄養の展望 ①海外への普及 ②日本各地でリハ栄養を広める医療人の育成 ③リハ栄養ガイドラインの作成/・リハ栄養の実践
◆第12回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会
◎シンポジウム「在宅における静脈栄養ラインの管理」発表要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況
第6回 栄養素調整流動食①(たんぱく質・糖質)
・概況/肝機能に配慮した製品/・腎機能に配慮した製品
◆PEN TOPICS MieLIP伊賀の取り組み
~伊賀市立上野総合市民病院を舞台とした介護食品の実証試験~
・みえライフイノベーション総合特区/・MieLIP伊賀の取り組み/
・高カロリー豆腐の効果検証/・病院と企業の連携による産業の活性化
◆学会情報
◆NST専門療法士情報
◎平成27年度 NST専門療法士認定試験合格者(受験番号一覧)
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年12月号(通巻第385号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年12月号(通巻第385号)

◆静脈経腸栄養2015―PENを通じてこの1年を振り返る
ESPEN学会員数はうなぎ上り、今回も発表演題数は日本上位(銀メダル)/
・WAVESの推進/・学会参加者1万人/・スマイルケア食の概要を紹介/
・ASPENに3000名が参加/・機能性食品制度の運用開始/日本で13年ぶりにPENSA開催/・ESPEN 日本からの演題数は地元ポルトガルに次いで2位 他
◆第23回日本消化器関連学会週間開催
◎総合プログラム「治療成績を向上させる栄養管理」 発表要旨 15題
◆注目のキーワード「特定行為に係る看護師の研修制度」施行される
・10万人以上の人材の養成を目指す/・特定行為は21区分38行為/・手順書の記載事項/・特定行為研修 他
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況
◎第5回:物性調整流動食(粘度5,000mPa・s以上)
・概況/・年鑑2013版以降に発売された主な製品/・濃度に特徴を持たせた製品が目立つ/・国際規格に関する今後の動向に注目
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年11月号(通巻第384号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年11月号(通巻第384号)

◆ESPEN2015REPORT in Portugal(寄稿 深柄和彦先生)
・ESPEN学会員数はうなぎ上り、今回も発表演題数は日本上位(銀メダル)/
・テーラーメードの栄養療法の可能性/・たんぱく質・アミノ酸の意外な代謝の側面が報告/・一番注目されているのはやっぱり筋肉/
・外科周術期の栄養管理の変遷がレビュー、その他
◆第17回日本褥瘡学会開催 「先進的褥瘡研究の推進」をテーマに
◎シンポジウム「褥瘡栄養学の進歩」 発表要旨
◆栄養管理指導者協議会(リーダーズ)設立記念学術集会開催
・胃瘻造設の考え方の相違が浮き彫りに/・半固形状流動食の意義・有効性/・在宅静脈栄養法(HPN)/・患者のためのNST活動を実現する方法 他
◆第3回日本腎不全栄養研究会 学術集会・総会
・テーマは「新しい慢性腎臓病食事基準に基づく栄養管理の実践と課題」/・CKD患者に対する管理栄養士の関わり/・CKD患者に寄り添った栄養指導 他
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況
◎第4回:物性調整流動食(粘度2,000mPa・s以下、その他)
・概況/・年鑑2013版以降に発売された主な製品/・今後のエビデンスの蓄積に期待
◆新製品情報
エネルギー摂取をおいしくサポートする総合栄養飲料ラインナップ拡充
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告/「NST専門療法士」平成28年認定教育施設新規および更新申請の公告/
「NST専門療法士」平成28年認定教育施設更新対象施設一覧
◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年10月号(通巻第383号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年10月号(通巻第383号)

◆第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会 開催
「アジア諸国、ヨーロッパ、アメリカから著名医師が多数来日」
・LLL、Asian Extended Medical Food Expo他/・PEN Society in the world発表要旨/
・Cutting edge action of nutritional support for elderly people in Japan 発表要旨
◆第26回日本在宅医療学会学術集会開催 「在宅での看取り」をテーマに
◎ワークショップ「これからの訪問栄養士」 発表要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況
◎第3回:濃厚流動食(標準組成・小容量・経口タイプ)「濃厚流動食一覧」
・概況/・年鑑2013版以降に発売された主な製品/・美味しさ・種類の豊富さを重視
◆PEN TOPICS
栄養不良に焦点をあてた情報提供サイト開設される
◆新製品情報
EPA・DHA高含有の栄養機能食品がリニューアル/「甘くない」栄養補助食品誕生/
安全性と簡便性の両立を追及、手技時間短縮をサポートするPEGキット
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告/「NST専門療法士」平成28年認定教育施設新規および更新申請の公告/
「NST専門療法士」平成28年認定教育施設更新対象施設一覧
◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年9月号(通巻第382号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年9月号(通巻第382号)

◆日本外科代謝栄養学会 第52回学術集会開催
「新しい発想と飛躍をテーマに」
◎レポート①特別講演 香川大学初『希少糖』:生活習慣病への新戦略 発表要旨
・希少糖とは/・D-プシコースの機能性/・D-アロースの機能性/・希少糖の臨床応用
◎レポート②シンポジウム 「高齢者の外科代謝(高齢者に対する外科的治療は本当に適当か?)」 発表要旨
◎レポート③シンポジウム 「肝胆膵外科領域における周術期栄養管理1、2」発表要旨
◆第38回日本栄養アセスメント研究会開催
◎シンポジウム「周術期患者に対する栄養アセスメントと栄養管理」 発表要旨
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況
◎第2回:液体流動食(2.0kcal/mL以上のもの)「液体流動食一覧」
・概況/・高濃度であることのメリット/・NPC/N比を踏まえた使い分けも
◆PEN TOPICS
栄養管理指導者協議会設立記念学術集会 9月に開催
◆新製品情報
少量でコラーゲンペプチドとビタミン・ミネラルを同時に補給できるゼリー
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告
◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年8月号(通巻第381号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年8月号(通巻第381号)

◆第3回日本在宅栄養管理学会学術集会開催
「居宅療養者が管理栄養士に求めるものとは?」
◎大会長講演 田中弥生先生
「地域包括ケアシステムにおける栄養ケア・ステーションのあり方」要旨
・在宅医療を取り巻く環境/・米国のメディカルステーション/・栄養ケア・ステーションの位置付け/・地域における栄養ケアネットワーク
◎理事長講演 前田佳予子先生
「在宅管理栄養士の目指す道」要旨
・在宅栄養管理を取り巻く社会環境/・日本在宅栄養管理学会の歩み/・在宅栄養管理の効果/・在宅訪問管理栄養士の育成/・在宅訪問栄養食事指導の今後の展開
◎主なプログラム 一覧
◆第29回日本老年学会総会合同大会開催
「良質な超高齢社会を拓く―学際的研究の進展と深化―」をテーマに
医学会・歯科医学会共催シンポジウム
「高齢者の食を支えるために;オーラルフレイルの概念を討議する」発表要旨
「『オーラルフレイル』から見た包括的複合型虚弱予防アプローチ:~高齢者の食力を維持・向上するために~」
「フレイルを巡って(オーラルフレイル)」「フレイル高齢者の口腔機能低下について」
「都市部在住フレイル高齢者の口腔機能について」
◆静脈・経腸栄養関連製品の現況
◎第一回:経腸栄養剤(医薬品タイプ)「経腸栄養剤(医薬品)一覧」
・脂質のエネルギー比率が高いもの/・成分栄養剤/・消化態栄養剤/・半消化態栄養剤
◆新製品情報
①拡大する低栄養の高齢者向けスープ ②リハビリテーション後の摂取に適したゼリー
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告
◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年7月号(通巻第380号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年7月号(通巻第380号)

◆第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会の開催迫る
◇会長 東口髙志先生インタビュー
「第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会開催に当たって」
・PENSAの歴史/・PENSAの役割/PENSAとA.S.P.E.N.、ESPEN/PENSAとJSPEN
・今大会のメインテーマ/・Josef E. Fischer先生らが来日/・LLLライブコースにも注目
・Asian Extended Medical Food Expoほか
◆第55回日本呼吸器学会学術講演会開催
「呼吸器病学の未来を射抜く―多様性から個別化医療へ―」をテーマに
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会共同企画
「誤嚥性肺炎に対する集学的アプローチ」発表要旨
◆第34回食事療法学会開催
「ありがとう伊達の邦から新たな一歩」をテーマに
シンポジウム「チーム医療によるこれからの在宅栄養管理の充実を目指して」発表要旨
◆注目のキーワード「機能性表示食品」制度
・制度の背景/・制度の主な特徴/参考:米国の機能性表示制度/・市販が始まった機能性表示食品/今後の動向に注目
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験 未更新者の再受験申請について/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験 書類審査合格者の受験申請について/・「NST専門療法士」資格更新のお知らせ
◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年6月号(通巻第379号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年6月号(通巻第379号)

◆第17回日本在宅医学会もりおか大会開催
◇日本老年医学会合同シンポジウム
「フレイル(虚弱)およびサルコペニアの概念とその予防のために」発表要旨
◆第22回日本健康体力栄養学会大会開催
特別講演2題 講演要旨
・高齢者の咀嚼機能と食品の物性/・臨床栄養における管理栄養士の役割―静脈経腸栄養ガイドラインの日常臨床への活用をめざして―
◆第87回日本胃癌学会総会開催
テーマは「分化と統合」
ワークショップ「胃癌治療における栄養サポートの実際」発表要旨
◆研究会Report 第2回血管内留置カテーテル管理研究会
「細かい点まで徹底的に議論しよう」をテーマに開催
・長期留置カテーテル管理の問題点と対策/・CVCの安全な挿入手技と問題点と対策/・CVC管理の感染対策
◆NST専門療法士情報
・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST療法士」平成27年度認定者公示/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験 未更新者の再受験申請について/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験 書類審査合格者の受験申請について/・「NST専門療法士」資格更新のお知らせ
◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年5月号(通巻第378号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年5月号(通巻第378号)

  • ◆アメリカ静脈経腸栄養学会開催 
  • ◇A.S.P.E.N.2015 Report 寄稿 宮澤 靖先生
    ・Session、Symposiumの内容/・製剤、ディバイスなどで興味を引かれたもの
    ・魅せるプレゼン/・日本人初?の座長/主なプログラム 他
  • ◆第13回日本フットケア学会年次学術集会開催
    「フットから全身へ、全身からフットへ」をテーマに
  • ◇ワークショップ「足病変を有する患者の栄養管理~何を、どこまで入れる?~」
    発表要旨及びディスカッション要旨
  • ◆第42回日本集中治療医学会学術集会開催
    「高めよう集中治療の力、広めよう集中治療の輪」をテーマに
  • ◇医師部門パネルディスカッション「ICUにおける栄養管理」発表要旨
  • ◇看護部門パネルディスカッション「急性期嚥下リハビリテーション」発表要旨
  • ◆JSPEN2015ランチョンセミナーLS-1報告
  • ◇機能性成分の臨床応用と体組成・機能評価 田中芳明先生
    ・たんぱく質確保の重要性/・カルニチンリッチな栄養剤の有用性 他
  • ◆NST専門療法士情報
    ・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST療法士」資格更新のお知らせ/
    ・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験 未更新者の再受験申請について/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験 書類審査合格者の受験申請について
  • ◆新製品情報
    ・小容量・高エネルギーかつビタミンリッチな栄養補助食品/
    ・水分電解質をやさしく補給 粉末清涼飲料
  • ◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年4月号(通巻第377号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年4月号(通巻第377号)

  • ◆第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会レポート
  • ◇JSPEN REPORT① 葛西森夫記念講演 Stanley J. Dudrick先生
    「研究を成功させるための基本的な美徳と哲学の関係」
  • ◇SPECIAL INTERVIEW TPNの創始者 Dr. Dudrickに聞く
  • ◇JSPEN REPORT② Opening Lecture 大柳治正先生
    「JSPENおよびその会員に望むもの」歴史と実績、そして今後に対する期待
  • ◇JSPEN REPORT③ 武藤輝一記念教育講演 中村丁次先生
    「「栄養障害の二重負荷:DBM」への新たな挑戦」
  • ◇JSPEN REPORT④ 各賞受賞者講演
    ・小越章平記念Best Paper in The Year受賞記念講演/・大柳治正記念学術振興アワード受賞講演/・フェローシップ受賞者講演/・クリニコYOUNG DOCTORS AWARD受賞講演/・NUTRI YOUNGINVESTIGATOR AWARD受賞記念講演
  • ◇JSPEN REPORT⑤ JEFFスカラーシップ賞受賞者講演
    ・「体組成計を用いた消化器がん患者に対する免疫栄養療法の有効性の検討」 白井由美子先生/・平成27年度受賞のことば 森 茂雄先生
  • ◆NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会の認める全国学会・地方会・研究会 一覧とその取得単位リスト/・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST療法士」資格更新のお知らせ/・「NST専門療法士」平成27年度認定試験に関する公告
  • ◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年3月号(通巻第376号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年3月号(通巻第376号)

  • ◆速報 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催
    ・メインテーマは「臨床栄養の最前線―エビデンスとガイドラインに基づいた臨床経験の共有―」/・今までにないプログラム構成/・随所に見られたアメニティへの配慮 他
  • ◆第38回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会開催
    ・嚥下の病態生理から診断・治療、予防までを多職種で考える/・「健康長寿をめざして」をテーマに/
    ◎シンポジウム「嚥下障害の早期発見と予防」発言要旨/◎リハビリテーション実践セミナー「高齢者の摂食嚥下障害とリハビリテーションアプローチ/主なプログラム一覧
  • ◆第48回日本臨床腎移植学会報告
    ・「賢腎移植への架け橋」をメインテーマに開催/・2014年臨床腎移植統計報告/・生活指導セミナー「CKD患者の食事指導を考える」発言要旨
  • ◆第18回日本病態栄養学会年次学術集会 開催
    「和食」「高齢者」等をテーマに
    ◎合同パネルディスカッション「各学会による日本栄養療法協議会~栄養療法の標準化を目指して」発言要旨(腎臓学会、臨床腫瘍学会、老年医学会、病態栄養学会、癌治療学会他、5学会)
  • ◆新しい介護食品「スマイルケア食」
    ・超高齢社会を背景としたいわゆる介護食品のニーズ拡大/・そもそも『介護食品』とは/・「新しい介護食品」の範囲/・「新しい介護食品の名称」~スマイルケア食~/・「新しい介護書品」の選び方/今後の取り組み 他
  • ◆新製品情報
    ・高齢者が飲みやすい、業界最小容量で高栄養の飲料タイプの経口補助食品/・機能性にこだわった低GI・糖質調整流動食
  • ◆NST専門療法士情報
    ・一般社団法人日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST療法士」資格更新のお知らせ
  • ◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年2月号(通巻第375号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年2月号(通巻第375号)

  • ◆第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催 特集号 「臨床栄養の最前線―エビデンスとガイドラインに基づいた臨床経験の共有」をメインテーマに
    学術集会会長インタビュー 井上善文先生 
    第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催にあたって
    ・メインテーマについて/・全体のプログラム構成/・記念講演、アワード/・シンポジウム/・パネルディスカッション/・一般演題/・ハンズオンセミナー、ランチョンセミナー、企業展示/他
  • ◆第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会タイムテーブル
  • ◆第30回日本静脈経腸栄養学会 全プログラム掲載
  • ◆ようこそ!神戸 ―学会開催会場とその周辺情報―
    ・神戸概要/・JSPEN2015会場案内/・会場までの交通機関・手段情報/
    ・周辺観光スポット
  • ◆NST専門療法士情報
    ・平成26年 NST専門療法士認定試験合格者(受験番号一覧) 掲載
  • ◆新製品情報
    ・安全性とユーザビリティに配慮した経腸栄養ポンプ/・栄養バランスをそのままに水分をプラスした高栄養流動食/・少量化、高栄養化した豆乳ベースの濃厚固形食
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年1月号(通巻第374号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2015年1月号(通巻第374号)

  • ◆日本静脈経腸栄養学会理事長インタビュー 東口髙志先生
    「全員参加で地域へ、世界へ、医療の外へ」
    ・「内固」~社員(代議員)を中核とした全員参加型の学会運営~/・医療の基盤としての栄養療法の確立/・超高齢社会を支援する栄養管理体制の確立/・診療報酬および国政への提言/・教育制度の変換/・学会主導による臨床・実験的研究の推進/・認定制度/・「外進」~海外のPEN societyとの交流~ 他
  • ◆日本栄養療法推進協議会第1回教育セミナー開催REPORT
    理事長 大柳治正先生ご発言要旨
  • ◆第4回日本リハビリテーション栄養研究会 学術集会開催REPORT
    ◎ワークショップ「多職種・地域での食支援」発言要旨 7題
    ◎シンポジウム「筋肉から考える食支援」発言要旨 6題
  • ◆第27回日本外科感染症学会総会 学術集会開催REPORT
    「新しい周術期感染対策を発想する」をテーマに
    ◎教育委員会企画プログラム「感染症対策としてのERASとその課題」発言要旨
    ◎シンポジウム「術後感染を予防する手術手技と管理の工夫(周術期・集中治療と栄養管理) 発言要旨
  • ◆第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会開催
    ・重要さを増す呼吸ケア・リハ領域におけるチームアプローチ
    ・テーマは「心・息・動―心身のトータルケアとサイエンスの融合―」
    ◎ワークショップ「呼吸器疾患における栄養管理」発言要旨
  • ◆第25回日本急性血液浄化学会 学術集会開催
    テーマは「急性血液浄化のState-of-the-Art~次のステップへ」
    ◎パネルディスカッション「CHDF施行中の栄養管理」発言要旨
  • ◆新製品情報
    ・とろみ飲料(緑茶・スポーツドリンク)
  • ◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年12月号(通巻第373号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年12月号(通巻第373号)

  • ◆2014年静脈経腸栄養分野の動向
    ―2014年のPENから見えてくる新たな流れ―
    ・大いに盛り上がったJSPEN2014/・ASPEN会員数は約6000名/・胃瘻関連の診療報酬見直し/・日本における早期経腸栄養の問題点/・15年ぶり新経腸栄養剤登場
    ・血管内留置カテーテル研究会が発足/・ESPENで日本からの演題数がトップに 他
  • ◆第1回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会開催REPORT
    ・日本サルコペニア・フレイル研究会設立/・第1回テーマは「超高齢社会におけるサルコペニア、フレイルの意義を問う」
    ◎シンポジウム「サルコペニア研究の最前線」発表要旨 5演題
    その他 主なプログラム掲載
  • ◆第11回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会開催REPORT
    ◎パネルディスカッション「地域連携におけるNST~地域ぐるみの栄養サポートチームの形成を目指して 在宅栄養管理の向上に必要な人・物・システムを考える~」発表要旨 7演題 その他 主なプログラム掲載
  • ◆第36回日本臨床栄養学会総会・第35回日本臨床栄養協会総会 第12回大連合退会REPORT
    ◎シンポジウム「栄養療法ABC」発表要旨
    ・栄養療法を施行する際の基本的な考え方/・PPNとTPNの適応と投与経路/・在宅静脈栄養法の有用性/・摂食・嚥下障害による誤嚥性肺炎の増加/・地域リハビリテーションという視点/・腸が働いているなら腸を使うのが大原則/・栄養剤の選択方法/・口から「食事」することの重要性/・栄養士に求められている力とは 他
  • ◆新製品情報
    ・おかずのおいしさをそのままゼリーに/・バッグタイプ濃厚流動食に300kcalタイプが加わる
  • ◆他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年11月号(通巻第372号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年11月号(通巻第372号)

  • ◆第36回 欧州臨床栄養代謝学会 開催
    ◎ESPEN2014 in Geneva 現地報告 井上善文先生
    ・ESPEN2014の印象/・日本からの応募演題は112題に上る/・サルコペニア関連の演題が目立つ/・脂肪乳剤は3-in-1形式での投与が一般的? 他
    ・ESPEN2014編集部レポート
  • 第19回PEG・在宅医療研究会学術集会REPORT
    メインテーマは「PEGに対する正しい理解とさらなる推進」
    ◎シンポジウム「長期栄養管理をめぐって」発表要旨
    その他 主なプログラム掲載
  • 第1回日本栄養材形状機能研究会学術集会開催REPORT
    より開かれた形での新たなる一歩
    ◎大柳治正先生「新たに発足した研究会について」発表要旨
    ◎要望講演「病院から在宅までの半固形化栄養管理の実際」発表要旨
  • 世界アルツハイマーデー記念市民公開フォーラム
    「食べることは生きること」開催REPORT
    ・歯科医療は健康寿命を延ばせるか/・専門医からみた認知症の課題/・噛む力で認知症対策/・今日からできる認知症と口腔ケアの実践
  • NST専門療法士情報
    ・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」平成26年度認定試験に関する公告/同「NST専門療法士」平成27年 認定教育施設新規および更新申請の公告/同「NST専門療法士」平成27年 認定教育施設更新対象施設
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年10月号(通巻第371号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年10月号(通巻第371号)

  • 第61回日本栄養改善学会学術総会 開催
    ◎シンポジウム「がん治療をささえる栄養管理の実践」発表要旨 3演題
    ◎共催シンポジウム「ロコモティブシンドロームと骨粗鬆症における栄養改善の重要性」発表要旨 6演題
    ◎教育講演「効果的にNSTを進めるには:大病院におけるNST」
  • 第16回日本褥瘡学会学術集会開催REPORT
    メインテーマは「長寿社会における褥瘡医療・ケアの融合」
    ◎シンポジウム「褥瘡とサポート医療~メディカルスタッフの専門性と連携のあり方~
    発表・ディスカッション要旨
    ◎委員会プログラム「在宅褥瘡症例検討:在宅でも他職種が必要」
  • 第20回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会開催REPORT
    大会テーマは「食べる喜び支える楽しさ―広がるチーム―」
    ◎シンポジウム「「口から食べる幸せ」をサポートできる高齢社会への挑戦!」発表要旨
    ◎シンポジウム「観て・感じて・噛んで・食べておいしい嚥下食を提供するためのシステムを考える」発表要旨
  • SPECIAL INTERVIEW「食べるためのPEGと経口摂取へのステップアップ」
    ・「食べるためのPEG」の普及を願って~医師の立場から~ 三原千惠先生/・医療管理および摂食嚥下障害の看護~看護師の立場から~ 竹腰加奈子先生/・胃瘻造設の適応を見極めるポイント~言語聴覚士の立場から~ 宮本純子先生/・経口移行を成功させるための食事の在り方~管理栄養士の立場から~ 足立香代子先生
  • PEN TOPICS  ユニバーサルデザインフード 製品登録数・生産量ともに大幅増加
  • NST専門療法士情報
    ・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」平成26年度認定試験に関する公告/同「NST専門療法士」平成27年 認定教育施設新規および更新申請の公告/同「NST専門療法士」平成27年 認定教育施設更新対象施設
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年9月号(通巻第370号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年9月号(通巻第370号)

  • 日本外科代謝栄養学会第51回学術集会 開催レポート
    ◎シンポジウム「代謝栄養学を研究する人材をいかに育てるか」発表要旨 4演題
    ◎日本アミノ酸学会合同シンポジウム「アミノ酸研究の最近の動向」発表要旨 10演題
    ◎要望演題「微量元素製剤の長期投与の問題点」発表要旨 4演題
  • 第1回血管内留置カテーテル管理研究会 レポート
    ・安全にCVCを挿入するための体制について/・エコーガイド下CVC挿入のテクニック/・PICCの現状と問題点/・PPNの現状と問題点/・ポートの使用に関する現状と問題点/・CRBSI予防対策の現状と問題点―輸液ライン管理
    ◎インタビュー「研究会の立ち上げにあたって」 井上善文先生
  • 第57回日本日本腎臓学会学術総会REPORT
    ◎よくわかるシリーズ9 食事療法:CKD患者におけるたんぱく制限を中心に 発表要旨
    ・CKD患者におけるたんぱく質制限の効果とは/・サルコペニアの予防には十分なエネルギー摂取が不可欠/・運動療法等で身体機能の低下を防ぐことも重要/・動脈硬化や骨塩量の減少にも留意
  • 第2回日本腎不全栄養研究会学術集会・総会開催
    ◎メインテーマは「慢性腎臓病(CKD)とともに歩む栄養管理」
    ・主なプログラム紹介
  • NST専門療法士情報
    ・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」平成26年度認定試験に関する公告/
  • 新製品情報
    ・ダマになりにくく、少量でしっかりとしたトロミがつく(とろみ調整食品)
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年8月号(通巻第369号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年8月号(通巻第369号)

  • 日本外科代謝栄養学会第51回学術集会 開催
    ◎テーマは「次の50年への展望―次世代のための外科代謝栄養学」
    ・先輩研究者から時代を担う若手へのメッセージ/・シンポジウムとワークショップ/・その他の各種プログラム/・特別講演「インターロイキン6と共に36年」発表要旨 他
  • 第59回日本透析医学会学術集会・総会開催REPORT
    「考える透析」をテーマに
    ◎シンポジウム「透析患者の栄養障害に対する新たなアプローチ」
    各発表要旨
  • 第56回日本老年医学会学術集会開催REPORT
    ◎パネルディスカッション「高齢者の摂食・嚥下障害とその対策」
    発表およびディスカッション要旨/主なプログラム
  • NST専門療法士情報
    ・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」平成26年度認定試験に関する公告/・「NST専門療法士」平成26年度認定試験未更新者の再受験について/・NST専門療法士資格更新のお知らせ
  • NEW PRODUCT エネーボ配合経腸用液
    ・製品の背景と概要/・製剤設計と配合成分/・外来や在宅で期待されること
  • 新製品情報
    ・飲みきりサイズのONS(経口栄養補助食)
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年7月号(通巻第368号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年7月号(通巻第368号)

  • 日本麻酔科学会第61回学術集会開催
    ◎シンポジウム「栄養療法は周術期のアウトカムを改善できるのか?
    ―麻酔科医・集中治療医のできることを探る―」概要
    ・術前の栄養療法と予後/・麻酔の進歩がもたらす術中の代謝への影響/・早期経腸栄養・経口摂取/・世界からみた日本のICUにおける術後栄養療法の問題点/・周術期の中心静脈栄養のリスクとベネフィット/・栄養・代謝から見た術後感染制御/高度救命救急センターICUにおける急性期栄養療法プロトコルを用いた栄養治療戦略とその臨床効果/・ディスカッション要約
  • 第37回日本栄養アセスメント研究会開催REPORT
    「栄養アセスメントに基づく医療の実践」をテーマに
    ◎シンポジウム「肝疾患のアセスメントの現状と問題点」
    各発表要旨およびディスカッション要約
  • 第100回日本消化器病学会総会開催
    ◎ワークショップ「腸疾患病態研究の進歩―免疫と腸内環境―」発表要旨
  • 第68回日本栄養・食糧学会大会開催
    ◎シンポジウム「日本人の食事摂取基準(2015年版)の方向性:栄養学研究の役割と課題
    ・策定目的に「重症化予防」が加わる/・エネルギーの指標に体格(BMI)を採用/・エネルギー産生栄養素バランスの章を新設/・推定平均必要量の求め方を変更/・脂質、飽和脂肪酸、n-6系脂肪酸、n-3系脂肪酸について基準を設置/・炭水化物はエネルギー産生栄養素の視点から策定/各ビタミンの特徴を生かした策定方法に/その他
  • 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会開催 参加者は4000名を超える
    ◎パネルディスカッション「摂食嚥下チームワーク」発表要旨・ディスカッション要約
  • NST専門療法士情報
    ・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」平成26年度認定試験に関する公告/・「NST専門療法士」平成26年度認定試験未更新者の再受験について/・NST専門療法士資格更新のお知らせ
  • 新製品情報
    ・pH低下により液状から半固形に粘土上昇する流動食/・無理せず食べられる少量高カロリーゼリー
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年6月号(通巻第367号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年6月号(通巻第367号)

  • 第51回日本外科代謝栄養学会学術集会開催迫る
    ◎第51回学術集会会長インタビュー 和佐勝史先生
    ・テーマについて/・特別講演と招待講演/・シンポジウムとワークショップ/
    ・その他の各種プログラム/・開催概要、プログラムほか
  • 第114回日本外科学会定期学術集会REPORT
    ◎若手医師の育成を重視したプログラム
    ・ワークショップ5「食道癌・胃癌における栄養管理の実践とエビデンス」概要紹介
    ・ワークショップ10「外科診療におけるNSTの役割と将来像」概要紹介
  • 「腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム2014」開催
    ◎特別講演「サルコペニアに対する運動・食事療法」若林秀隆先生 発表要旨
    ・腎臓病と低栄養/・サルコペニアとは/・加齢によるサルコペニア/
    ・活動に関連したサルコペニア/・栄養に関連したサルコペニア/
    ・疾患に関連したサルコペニア/悪液質時のリハ ほか
  • PEN TOPICS
    ◎リハビリテーション栄養の普及と実践~リハ栄養フォーラム2014~開催概要
  • 第4回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会
    ・近年注目を集める腎臓リハビリテーション/・「腎臓リハビリテーションの確立を目指して」
    ・ワークショップ「腎不全患者の包括的リハビリテーション」で栄養の重要性が取り上げられる
    ・主なプログラム掲載
  • NST専門療法士情報
    ・一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」平成26年度認定者の公示/・NST専門療法士平成26年度認定試験に関する公告/・「NST専門療法士」平成26年度認定試験未更新者の再受験について/・NST専門療法士資格更新のお知らせ
  • 新製品情報
    ・多様なニーズに対応する水分電解質補給飲料/・医薬品としては国内15年ぶりの新規経腸栄養剤
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年5月号(通巻第366号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年5月号(通巻第366号)

  • 第41回日本集中治療医学会学術集会 開催
    ◎日本版重症患者の栄養管理ガイドライン作成へ
    ・シンポジウム「日本版OCUにおける栄養管理ガイドライン作成」が行われる/
    ・ガイドライン作成の背景/・推奨診療の作成法/・経腸栄養、静脈栄養の投与開始時期及び目標量について/・免疫修飾栄養素、抗酸化物質/・看護の側面から/・小児の栄養管理/作成過程を公開し可視化することが重要
  • PEPORT 第86回日本胃癌学会総会開催
    ◎テーマは「胃癌の征圧・叡智と実践」
    ・ワークショップ「胃癌手術におけるERAS」概要紹介
  • 第16回日本在宅医学会大会開催
    ◎「在宅医療 日本の未来への道標」をテーマに
    ・シンポジウム「全国のどの地域でも口腔・栄養ケアを受けられる社会を目指して
    ~地域包括ケアにおける口腔・栄養ケアを具現化~」発表および質疑応答要旨/・主なプログラム
  • 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 ランチョンセミナー20
    ◎経腸栄養におけるプロバイオティクスとプレバイオティクス
    ~グアーガムの効果とは?~  司会:大柳治正先生 演者:佐々木雅也先生
    ・プレバイオティクス/・プロバイオティクス/・シンバイオティクス/・半固形状流動食についての考察
  • 平成26年度診療報酬改定のポイント 臨床栄養領域に関する事項を中心に
    ・胃瘻増刷の評価見直し/・病院の栄養管理体制に関する経過措置/・医療資源の少ない地域への配慮/・有床診療所では「栄養管理実施加算」が復活/・在宅における褥瘡対策の推進/・在宅歯科医療における医科との連携/・在宅患者に対する訪問薬剤管理指導
  • NST専門療法士情報
    ・NST専門療法士資格更新のお知らせ/・NST専門療法士平成26年度認定試験に関する公告
  • 他学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年4月号(通巻第365号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年4月号(通巻第365号)

  • 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催
    ◎「志学創新~研究で世界をリードしよう~」をテーマに
    ・ホットな話題を盛り込んだ各種プログラム/・海外講師によるプログラムも充実/・一般演題は1500題に及ぶ/・次回は神戸にて開催
  • JSPEN2014 会長講演「静脈栄養と私」 竹山廣光先生
    ・静脈栄養との出会い/・無拘束下持続投与システムの考案/・交互TPNの試み/・亜鉛欠乏症とビタミンB1欠乏症/・EGF投与の検討/・ω3系多価不飽和脂肪酸への期待/
  • JSPEN2014 特別企画シンポジウム「福島・原子力災害と風評」
    ・風評被害の原因と実態/・風評被害のメカニズムと対策/・放射線健康リスク認知と健診/・災害と風評被害―メディアの立場から/・ディスカッション
  • JSPEN2014 各賞受賞講演
    小越章平記念Best Paper in the year/大柳治正記念学術振興アワード/フェローシップ賞/クリニコYOUNG DOCTORS AWARD/NUTRI YOUNG INVESTIGATER AWARD
  • JEFFスカラーシップ賞受賞者講演 佐藤由美先生
    「インクレチンの膵作用におけるβ細胞ギャップ結合の役割」
    *平成26年度JEFFスカラーシップ賞 受賞のことば 白井由美子先生
  • Special Interveiw 36th ESPEN congress 大会長 レミー・マイヤー先生
    ◎第36回欧州臨床栄養代謝学会9月に開催
  • 第37回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会
    ・特別講演・理事長講演「嚥下障害のリハビリテーション―運動学習とゴール」・シンポジウム「高齢者の嚥下障害」
  • NST専門療法士情報 NST専門療法士資格更新のお知らせ
  • 新刊紹介/新製品情報
  • PEN topics 生きる力につながる口から食べることへの支援
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年3月号(通巻第364号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年3月号(通巻第364号)

  • アメリカ静脈経腸栄養学会開催
    ◎ASPEN2014レポート 鷲澤尚宏先生
    ・米国静脈経腸栄養学会について/・サバンナについて/・興味ある発表/・日本からの参加者/・展示ブースで/・主なプログラム紹介
  • 第17回日本病態栄養学会年次学術集会開催
    ◎「病態栄養学の進歩と未来」をテーマに
    ・日本静脈経腸栄養学会との合同パネルディスカッション「地域連携におけるNST」
    ・主なプログラム照会
  • 第29回体液・代謝管理研究会開催 「侵襲制御を科学する」をテーマに
    ◎特別講演「Critical CareにおけるEndothelial Hyperpermeablityの制御と輸液療法」
    平澤博之先生 発表要旨
    ・敗血症の病態生理に関する最近のキーワード/・CHDFを用いた敗血症の治療アプローチ/・敗血症とサイトカイン、血管内皮透過性/・輸液療法と血管内皮透過性の亢進/・重症急性膵炎における血管透過性亢進の制御と輸液療法/・急性呼吸不全における血管透過性亢進の制御と輸液療法/・理想的な輸液製剤とは ほか
  • 第35回日本手術医学会総会
    ◎シンポジウム「術後早期回復のための代謝・栄養サポートのエッセンス 基礎から実践まで」発表要旨
    ・術後回復促進のためのエッセンス-日本外科代謝栄養学会ESSENSE project-/・述語回復能力強化プログラム-麻酔科医からのアプローチ/・胃腫瘍に対して腹腔鏡手術を用いた日本型ERASプログラムは安全で入院期間を短縮する/・高齢者術後合併症予防のための早期経腸栄養の効果/・ディスカッション要旨 ・ERASに関して日本の周術期管理に取り入れにくい点は?/・患者の理解を得ることの重要性/・どの程度まで経口摂取できれば退院可能か?
  • 輸液業界の取り組みと現況-必須医療を供給する重要産業として-
    ・輸液の定義/・医療の基礎を担う必須医薬品として/・災害に対する業界の取り組み/・医療過誤防止に関する業界の取り組み/容器改良の取り組み ほか
  • NST専門療法士情報 NST専門療法士資格更新のお知らせ
  • 新製品情報
  • 学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年2月号(通巻第363号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年2月号(通巻第363号)

  • 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催
    ◎メインテーマは「志学創新~研究で世界をリードしよう~」
    インタビュー 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会会長 竹山廣光先生
    「第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催にあたって」
    ・「志学創新」をテーマに/・TPNとの関わりについて振り返る/・災害経験を風化させないために/・ホットな話題を盛り込んだ各種プログラム/・海外の風を感じ取る良い機会に/・一般演題は1500題/・学会の成果を充実したものに
  • 学術集会参加者へのご案内
  • タイムテーブル
  • 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会プログラム
  • ようこそ!横浜 学会開催会場とその周辺情報
  • NST専門療法士情報 NST専門療法士資格更新のお知らせ
  • 新製品情報
  • 学会情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年1月号(通巻第362号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2014年1月号(通巻第362号)

  • 謹賀新年 法人化を契機に、大きく羽ばたけJSPEN
    インタビュー 日本静脈経腸栄養学会理事長 東口髙志先生 「内固外進」
    ・法務と財務の強化/・委員会・支部会活動の充実/・海外のPEN societyとの交流/
    ・2014年の目標 ◎教育体制の強化 ◎地域一体型NSTの普及と推進
    ◎若手の育成「みんなのJSPEN」 ◎ガイドラインの国際展開
    ◎学会主導による臨床・実験的研究の推進 ほか
  • 2013年 静脈経腸栄養分野の動向 「2013年のPENから見えてくる新たな流れ
    ・地方開催ながら大いに盛り上がったJSPEN2013/・連載エッセイ「輸液療法のポイント」が本に/・ASPENレポート/・JEFFスカラーシップ賞/・栄養管理の充実が地域振興に一役/・50回目を迎えた日本外科代謝栄養学会学術集会/・静脈経腸栄養ガイドライン 7年ぶりに改訂/・Dudrick先生来日/・巨星墜つ/・新しい研究会の発足 ほか
  • 第3回日本リハビリテーション栄養研究会学術集会開催
    「リハビリテーション栄養の周知から実践へ」
    ・実践コミュニティ理論に基づく現状認識/・臨床の現状と展望/・教育の現状と展望/・研究の現状と展望/・主なプログラム一覧
  • 話題のキーワード「グァーガム酵素分解物高配合流動食の臨床応用」 田中芳明先生
  • NST専門療法士情報
    日本静脈経腸栄養学会「栄養サポートチーム専門療法士」
    平成25年度 認定試験合格者の発表(受験番号一覧)
  • 学会情報
  • スペシャルインタビュー 井上善文先生
    「医師の栄養教育のあるべき姿とは?」
    ・医師の教育について思う/・卒後教育のあり方/・最近の話題とガイドライン/・「みんなの栄養管理講座」連載終了に寄せて
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年12月号(通巻第361号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年12月号(通巻第361号)
!!創刊30周年記念号!!

  • 「創刊30周年記念座談会」静脈経腸栄養分野の歩を振り返り今後を展望する
    御出席 大柳治正先生 入山圭二先生 東口髙志先生 竹山廣光先生
    ~「PEN」創刊30周年および学会発足30周年を迎えるにあたって~
  • 特別寄稿~PEN創刊30周年を祝して~
    武藤輝一先生 馬場忠雄先生 大熊利忠先生 平田公一先生 城谷典保先生
    井上善文先生 丸山道生先生 佐々木雅也先生 鷲尾尚宏先生 比企直樹先生
    島田慈彦先生 山田繁代先生 東海林徹先生 杉浦伸一先生 矢吹浩子先生
  • SPECIAL INTERVIEW
    ① JSPEN法人化と今後の展望 日本静脈経腸栄養学会理事長 東口髙志先生
    ② 日本の栄養教育とTNTの役割 井上善文先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartV 井上善文先生
    「ガイドラインでは新しい用語、用語の見直しもやりました:SPN、Cyclic TPN」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年11月号(通巻第360号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年11月号(通巻第360号)

  • PENSA2013 in Bali 南の楽園からのアジア静脈経腸栄養学会レポート
    現地報告(寄稿) 丸山道生先生
    ・Baliで開催、PENSA2013/・日本から最高の演題数/・今までのPENSAの歴史/・ドラの音とともに、学会の開催/・アジアの人々の興味を引くレクチャー/・口演発表もポスター発表も、日本からの演題が1st Winner ほか
  • 小越章平先生追悼学術講演会開催 その偉大なる功績を称えて
    ・それぞれの思いを込めて/・JSPENの発展にも多大な貢献/・小越先生ご略歴 ほか
  • 第10回日本在宅静脈経腸栄養研究会 学術集会レポート
    ・シンポジウム「地域の在宅システムについて」発表要旨/・シンポジウム「在宅医療における各職種の役割」発表要旨/・当日のプログラム一覧 ほか
  • 話題のキーワード「グァーガム酵素分解物の臨床応用」田中芳明先生
    ・生体内におけるPHGGの作用/・PHGGの投与による小腸絨毛への効果
  • 注目される今後の動向―新「食品表示案」成立に伴う表示制度のこれから
  • 新製品情報
    とろみ剤不要の栄養補助食品/舌の筋力を鍛えるトレーニング用具
  • PEN TOPICS
    ・「MEDプレゼン2013(第5回チーム医療推進全国会議)開催概要/・リハビリテーション栄養の普及と実践~リハ栄養フォーラム2013が全日程を終了、2014開催予定
  • NST専門療法士情報 ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告/・同 平成26年 認定教育施設新規および更新申請の公告/・同 平成26年 認定教育施設更新対象施設 一覧
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartV(4) 井上善文先生
    「エネルギー投与量の決定:活動係数、ストレス係数にエビデンスはある?」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年10月号(通巻第359号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年10月号(通巻第359号)

  • 第35回奥州臨床栄養代謝学会 開催
    ◎ESPEN2013 in LEIPZIG 現地報告  入山圭二先生(寄稿)
    ・開会式―日本からの発表数は2位に―/・Sir David Cuthbertson Lecture/・Arvid Wretlind Lecture/・Special Interest Group/・Sepsis in ICU/・嗅覚・味覚と摂食/・代謝における栄養素の"陰と陽"/・食思不振に対する代謝順応 ほか
    ◎Special Interview ESPEN、ISW2013に参加して~世界の中のJSPENについて思う 東口髙志先生(日本静脈経腸栄養学会 理事長)
    ・ESPENの概況/・JSPEN-ESPEN Meeting/・PENSA-ESPEN Meeting/大柳治正先生が日本人初のESPEN名誉会員に/・ISW2013/・世界の中のJSPEN
  • 第18回PEG・在宅医療研究会学術集会レポート①
    「認知症患者におけるPEGの適応について」をテーマに
    ・パネルディスカッション「PEG長期管理の工夫」/・シンポジウム「認知症患者におけるPEGの適応」発表要旨(編集部による)掲載
  • 第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会レポート
    ・重症患者に対する免疫栄養素の投与は本当に有効か?/・重症患者に対する栄養療法の実際~腸が機能していれば積極的に腸を使おう~」
  • 新製品情報
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告 /同 平成26年 認定教育施設新規および更新申請の公告/同 平成26年認定教育施設更新対象施設(一覧)
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartV(3) 井上善文先生
    「半固形状流動食は進化が足りない、製品だけが先走りしている」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年9月号(通巻第358号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年9月号(通巻第358号)

  • 日本腎不全栄養研究会発足 第一回学術集会・総会 開催
    「慢性腎臓病の食事療法に対するグローバルな視点からのエビデンスの構築を目指す」
    研究会発足の経緯/・研究会の概要/・今後の展望/・横浜にて第1回学術集会・総会開催/・カーボカウントとは/・開催概要 ほか
  • 日本外科代謝栄養学会第50回学術集会レポート①
    日本独自の周術期管理プロトコルを巡って
    ESSENSE-周術期のBest Practice ワークショップ発表要旨
  • 日本外科代謝栄養学会第50回学術集会レポート②
    シスチン・テアニン研究の新たなる展開
  • がん免疫栄養療法研究会 第三回症例検討会レポート
    Hot Topics「膵がんの新たな治療戦略を求めて~Clinical Studyの結果より」ほか
  • 新製品情報
    使いやすさに配慮した半固形状流動食/栄養プラスゼリー/アミノ酸サプリメント
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
    日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartV(2) 井上善文先生
    「脂肪乳剤はCVラインに側注の形で投与してはダメなのですか?」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年8月号(通巻第357号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年8月号(通巻第357号)

  • 日本外科代謝栄養学会 第50回学術集会 開催
    「代謝栄養学、侵襲学の50年の進歩と新たなる飛躍」をテーマに ・代謝栄養学と侵襲学の半世紀を振り返る/・TPNの創始者、Dudrick先生による記念講演/・ESSENSEをテーマとしたワークショップ/高齢者の手術適応を巡るシンポジウム 他 主なプログラム掲載
  • 高カロリー輸液療法の過去・現在・未来 座談会
    大柳治正先生(司会)、垣添忠生先生、東口髙志先生、福澤正洋先生、北川雄光先生
    ・静脈栄養法の変遷/・各施設における臨床栄養管理法の歴史/・各領域における臨床栄養管理法の現状/・JSPENガイドラインについて/・栄養療法の今後
  • レポート アボットホスピタルミーティング「病院薬剤師の役割を考える」
    ・今、病棟薬剤師に期待される役割(木平健治先生)/・医薬品と各栄養素・栄養状態との相互作用(栗山とよ子先生)/・医療連携・チーム医療における病院薬剤師の役割(二村昭彦先生)/・在宅医療の現場から病院薬剤師に望むこと(川村和美先生)/・総合司会:東口髙志先生
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告
  • 学会情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartV(1) 井上善文先生
    「小越先生、寂しくなりましたが、がんばりますよ、先生のご遺志を継いで:エコーガイド下CVC挿入」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年7月号(通巻第356号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年7月号(通巻第356号)

  • 速報 静脈経腸栄養ガイドライン 第3版発行
    ・SPNと「半固形状」
  • 特別座談会:経腸栄養および流動食の進歩と課題
    ~JSPEN静脈経腸栄養ガイドライン改訂(第3版)完成に寄せて~
    司会:井上善文先生 出席者:中村丁次先生、佐々木雅也先生、栗山とよ子先生
    ・経腸栄養の現状(種類と選択)/・静脈栄養との使い分け/・病態別経腸栄養剤の現状/・栄養投与量の決定について/・経腸栄養を取り巻く制度について/・半固形状流動食の問題点/人材育成の課題
  • 話題のキーワード:PHGG(グァーガム酵素分解物) 田中芳明先生
    ・PHGGとは/・PHGGの生理作用
  • 第23回日本臨床工学会開催
    ワークショップ6「栄養管理ができること」NSTが患者を病院を変える
    ・医療環境におけるパラダイムシフト/・高齢患者の特徴/・NSTにおける臨床工学士の役割 他
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 資格更新のお知らせ/・NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告 他
  • 学会情報
  • 新製品情報 「糖質の消化・吸収に配慮したたんぱく質調整流動食」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartV(0) 井上善文先生
    「JSPENの静脈経腸栄養ガイドライン第3版」を買いましょうや」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年6月号(通巻第355号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年6月号(通巻第355号)

  • 日本外科代謝栄養学会第50回学術集会の開催迫る
    ○第50回学術集会開催にあたって
    インタビュー:福島 亮治 先生(帝京大学医学部外科学講座)
    ・「代謝栄養学、侵襲学の50年の進歩と新たなる飛躍」をテーマに/・特別プログラム/
    ・要望演題、一般演題、コメディカルセッション/・最後に(開催概要・プログラム掲載)
  • 第24回日本在宅医療学会学術集会
    「病院を出よう:在宅医療ができること」をテーマに
    シンポジウム1「在宅皮下輸液の現状」Report:
    ・在宅皮下輸液の現状/・在宅における皮下輸液の実際/・皮下輸液の問題点/・特別発現「皮下輸液の位置づけ」(城谷典保先生)/・ディスカッション
  • Report:「医療産業イノベーションフォーラム」特別追加講演
    ○医療ソリューションとしての栄養 東口髙志先生
    ・わが国におけるNSTの普及と現況/・50万人の命をケアするためのソリューション/・食べて治す・食べて癒す 他
    ○The New "Age" of Nutrition Elevating and Expanding the Role of Nutrition Luis Cantarell (Nestle Health Science President & CEO)
    ・変革の時を迎える世界の医療経済/・栄養領域における事業戦略/・拡大する栄養領域/・専門家とのコラボレーション 他
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況
    第7回 各種栄養素調整流動食②(脂質、その他)
    ・脂質のエネルギー比率が高いもの/・脂質を無配合のもの/・その他、脂質の種類等に特徴が見られるもの/・製品組成一覧表(12製品)
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 資格更新のお知らせ/・同更新手続における東日本大震災被災地域の更新希望者に対する救済措置について/NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告/平成25年度 NST専門療法士認定試験未更新者の再受験について/平成25年度 NST専門療法士認定試験 東日本大震災被災地域の受験申請希望者に対する救済措置について
  • 学会情報
  • 新製品情報 「半固形タイプの高濃度栄養食と水分補給ゼリー」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(30) 井上善文先生
    「そうだな、TNTも次のステップへと進むんだな、がんばれ!」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年5月号(通巻第354号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年5月号(通巻第354号)

  • REPORT 伊賀市立上野総合市民病院が総合特区の地域拠点に
    ○地域活性化、ライフイノベーションを支える栄養療法の実現を目指すインタビュー:三木 誓雄 先生(伊賀市立上野総合病院 院長)
    ・上野総合市民病院が総合特区(伊賀特区)の拠点となった経緯/・総合特区事業および病院事業の概要/・具体的な事業内容―事業を支える柱―/・インタビュー:青山美佐子先生(看護部長) 「地域住民の栄養をしっかりサポートしたい」/・インタビュー:吉岡 一 氏 (庶務課兼経営企画課)「様々な新技術の導入を図りたい」
    ○伊賀市長、副市長インタビュー「みえライフイノベーション総合特区」に期待する
    岡本 栄(伊賀市長) 辻上浩司(同副市長)
  • JSPEN2013レポート
    「ヨーロッパにおけるICUの栄養管理の実践と未来」
    Pierre Singer先生(演者) 小谷穣治先生(司会)
    ・ICUにおける栄養管理の現状/・適切なエネルギー投与量とは?/・投与ルートの選択/・栄養素の薬理的な作用 他
    「サルコペニアに対する運動・栄養の包括的アプローチ」
    山田 実先生(演者) 大村健二先生(司会)
    ・サルコペニアと筋肉/・サルコペニアのスクリーニング/・運動と栄養/・サルコペニアに対するビタミンDの効果/・栄養介入の経済効果/・身体活動量を高める意義 他
  • 臨床栄養の現場を訪ねて 九州大学病院における栄養管理およびNST活動
    インタビュー:山口貞子先生(九州大学栄養管理室長)
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況
    第6回 各種栄養素調整流動食①(糖質・たんぱく質)
    ・概況/・糖質調整流動食/・たんぱく質・糖質調整流動食/・たんぱく質調整流動食/・製品組成一覧表(15製品)
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士 資格更新のお知らせ/・同更新手続における東日本大震災被災地域の更新希望者に対する救済措置について/NST専門療法士 平成25年度認定試験に関する公告 その他
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(29) 井上善文先生
    「HPNの管理システムは30年ほど前に出来上がったものなのですよ」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年4月号(通巻第353号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年4月号(通巻第353号)

  • アメリカ静脈経腸栄養学会 開催
    ASPEN2013 Report
    寄稿:宮澤 靖 先生(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部長)
    ・開催地フェニックスの歴史と環境/・会長講演にて中締めとされた初日/・日本からの発表も多かった2日目/・Practice Section Meetingと最終日/主なプログラム
  • JSPEN2013 JEFFスカラーシップ賞受賞者講演ならびに平成25年度受賞者紹介
    ・受賞者講演:西内美香先生(仙台循環器病センター栄養科)
    「ヒト血液中の酸化脂質の分析と摂取品目の検討」
    ・平成25年度受賞者のことば 佐藤由美先生(千葉大学医学部附属病院臨床栄養部)
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況
    第5回 食品・液体・ソフトバッグタイプ1.0kcal/mL
    ・概況/・新製品/・組成面での特徴/・容器の工夫/・製品組成一覧表(25製品)
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 栄養サポートチーム(NST)専門療法士
    平成25年度認定者の公示
    ・NST専門療法士 平成21年認定者資格更新のお知らせ
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(28) 井上善文先生
    「HPNの技術は、病院内でのTPN管理とはちょっとばかり違うんですよ」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年3月号(通巻第352号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年3月号(通巻第352号)

  • 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会 速報
    メインテーマは「『和』~人の『和』・『和』の食・『和み』の心~」
    Opening Ceremony 教育のあゆみ
    ・日本静脈経腸栄養研究会の発足/・学会発足とTNTプロジェクト/・NSTプロジェクトと認定資格制度/・診療報酬加算と教育の充実/・学会の新たなスタートと次回学術集会への思い
  • 第16回日本病態栄養学会年次学術集会 開催
    日本静脈経腸栄養学会合同パネルディスカッションⅡ
    「緩和医療における栄養管理」
    ・改行規が関わる緩和医療と栄養管理/・終末期がん患者の代謝動態の解析と輸液・栄養管理基準の硬化/・かんわ支援チーム専従看護師の立場から/・入院ケアから在宅支援へ 超急性期病院・がん診療連携拠点病院の立場から/・がん治療中核病院での緩和への関わりと問題点/・食べる喜びを支える
  • Report:日本メディカルニュートリション協議会 設立
  • 単行本化記念 特別企画 「輸液療法のポイント」のみどころ
    インタビュー:杉浦伸一先生
    ・経腸栄養の隆盛の影で/・論文等を「批判的」に吟味する目を/・再び見直されつつある静脈栄養/・連載を終えて 他
    推薦のことば:東海林 徹先生
  • 話題のキーワード:シャンピニオンエキスによるディフェンシン誘導作用と感染症予防の可能性 インタビュー:江口文陽先生
  • NST専門療法士情報(資格更新のお知らせ)
  • 学会情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(27) 井上善文先生
    「CRBSI管理のガイドラインはJSPENのガイドラインが日本の標準になる!」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年2月号(通巻第351号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年2月号(通巻第351号)
第28回日本静脈経腸栄養学会 特集号

  • 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会 開催
    会長 大村健二先生  開催のことば
  • 参加者へのご案内
    ・会場/・参加登録/・コングレスバッグ引換について/・ランチョンセミナーのご案内・クローク/・託児所/・総合案内・トラベルデスク その他
  • タイムテーブル
  • プログラム(各会場の全プログラムを掲載)
  • 学会開催会場とその周辺情報「きまっし! 金沢」(地図掲載)
    ・金沢概要/・JSPEN2013会場案内/・会場までの交通機関/・周辺観光スポット
  • NST専門療法士情報(資格更新のお知らせ)
  • 学会情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(26) 井上善文先生
    「適切な栄養療法を実施するためには、医師に対する臨床栄養教育が重要です」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年1月号(通巻第350号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2013年1月号(通巻第350号)

  • 謹賀新年 日本静脈経腸栄養学会理事長 東口髙志先生
    「みんなのJSPEN」「内固外進」を合言葉に さらなる発展を目指して
    ・5つのビジョンと10の目標/・各種委員会の組織・形態変更を積極的に/
    ・各委員会活動の活性化を促し、認定制度の確立を目指す/
    ・高齢化社会の医療を担う栄養療法 ほか
  • 第74回日本臨床外科学会総会 開催レポート
    ・栄養関連の口演より(18演題)
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況 第4回 濃厚流動食(1.5kcal/mL以下、小容量タイプ)
    ・年鑑2011発行以降の新製品/・その他、味の追加・リニューアル等/
    ・美味しさ・種類の豊富さを重視
  • 学会情報
  • 新製品情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ 井上善文先生
    「粘度を有する流動食は『半固形状流動食』と呼ぶことにしましょう」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年12月号(通巻第349号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年12月号(通巻第349号)

  • 2012年静脈経腸栄養分野の動向
    ―2012年のPENから見えてくる新たな流れ―
    ・胃瘻を取り巻く問題がクローズアップ/・JSPEN2012 ついに参加者1万名に/
    ・新理事長就任 新たな学会の一歩が踏み出される/
    ・ASPEN Clinical Nutrition Week 2012/・NST加算の対象拡大/
    ・食品の機能をいかに評価するか/・新しい話題ESSENSEとは 他
  • 第9回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会 開催
    在宅医療に携わる様々な職種が名古屋に集結
    ・特別講演 在宅高齢者の栄養ケア促進に必要なストラテジー 他
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況 第3回 濃厚流動食(2.0kcal/mL以上のもの)
    ・概況/・高濃度のメリットと用途 (液体流動食13種の組成一覧を掲載)
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会「NST専門療法士」認定試験 H24年度合格者発表
  • 学会情報
  • 連載 輸液療法のポイント №50(最終回) 杉浦伸一先生
    「がん悪液質患者に対する抗炎症薬」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(24) 井上善文先生
    「TPN処方としては微量元素製剤を必ず投与しなければならない、ですよね」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年11月号(通巻第348号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年11月号(通巻第348号)

  • 第34回日本臨床栄養学会 第33回日本印章栄養協会総会
    第10回大連合大会 開催
    ◎シンポジウム3 報告
    「科学的根拠に基づいたNSTの実践と未来への提言
    ―ここを変えたい日本の臨床栄養治療―
    ・病院経営からみたNST/・NSTが治療戦略として機能するために/
    ・患者・家族の意志・病状の変化に伴う在宅NSTの問題点/その他
  • TNT Wound Care レポート「創傷治癒における臨床栄養セミナー」
    ・TNT Wound Careとは?/・WUWHSとの共催/・各セッションの概要 他
  • 日本褥瘡学会が褥瘡予防・管理ガイドライン第3版を発表
    ・更なるClinical Questionの追加や推奨度の見直し他、臨床現場で役立つ配慮での改訂
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況 第2回 半固形流動食
    ・予め粘度調製が行われたバッグタイプ流動食17種の組成表を紹介
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格「NST専門療法士」H25年 認定教育施設新規および更新申請の公告 他
  • 学会情報
  • 連載 輸液療法のポイント №49 杉浦伸一先生
    「がん悪液質患者の食欲増進剤」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(23) 井上善文先生
    「大阪大学で開発したHPNシステムを日本中に普及させるべきなんじゃない?」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年10月号(通巻第347号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年10月号(通巻第347号)

  • 第34回欧州臨床栄養代謝学会 開催
    ◎ESPEN2012 in Barcelona 現地報告 入山圭二先生
    ・開会式に先立つサルコペニアの嵐/・開会式-日本からの発表数がトップに/
    ・骨格筋脂肪沈着とその影響/・日本から2名のセッション司会者と1名のinvited speaker/
    ・トピックスは胎児・新生児・乳幼児と高齢者への二極化の傾向/その他
  • Nestle Nutrition Institute, Clinical Nutrition Course体験記 東別府直紀先生
    ・世界各国の栄養療法の若手専門家を対象にした世界的栄養療法のセミナー
  • 第17回PEG・在宅医療研究会学術集会 開催
    ・パネルディスカッション「PEGの適応とタイミング PEG=延命治療?」より
  • 第14回日本褥瘡学会学術集会 開催
    「褥瘡予防・管理ガイドライン(第3版)」改訂のポイント シンポジウム6より
  • 静脈経腸栄養関連製品の現況 第1回 経腸栄養剤(医薬品タイプ)
    ・現行の医薬品タイプ経腸栄養剤の組成表を紹介
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 「NST専門療法士」資格更新のお知らせ 他
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(22) 井上善文先生
    「先人達が苦労して開発されたTPN輸液をぞんざいに扱ってはダメでしょう!」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年9月号(通巻第346号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年9月号(通巻第346号)

  • 日本静脈経腸栄養学会の動向
    ~会員数17,000名超え、成長を続けるJSPEN
    ・10年間の会員数の変化/・学会活動の最新動向 他
  • 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会in金沢
    ・プログラム詳細および各企画の趣旨
  • 今注目を集める「話題のキーワード」
    「非たんぱくカロリー窒素比(NPC/N)の重要性」 杉浦伸一先生
    たんぱく質の熱量=4kcal/尿素サイクルとは/輸液療法における考え方
    食事でもNPC/N考慮は不可欠/腎不全や肝不全症例の場合
    NPC/Nを用いて適切な流動食の選択を
  • 新製品情報
    ・高濃度コンデンス型流動食 ・イソロイシン配合濃厚流動食 
    ・NPC/M150の液状栄養食
  • がん免疫栄養療法研究会 第2回症例検討会レポート
    Hot topics/各地で始まっている がん免疫栄養の実際/優秀演題発表(口演)
    ポスター発表
  • 連載 輸液療法のポイント №48  杉浦伸一先生
    「Cetuximabと食物アレルギー」
  • NST専門療法士情報
    ・日本静脈経腸栄養学会認定資格 「NST専門療法士」資格更新のお知らせ
  • 学会情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(21) 井上善文先生
    「胃瘻バッシングに対しては適切な栄養管理に関する知識の普及で対応すべきです」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年8月号(通巻第345号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年8月号(通巻第345号)

  • 日本外科代謝栄養学会 第49回学術集会開催
    シンポジウム「術後回復促進のためのESSENSE」報告
    「ESSENSE :ERASを日本の臨床向けに発展・整備させた独自の周術期管理プロトコル」
    ・術後回復のためのESSENSE ・麻酔管理による生体侵襲反応の軽減 ・身体活動の早期回復とリハビリテーション栄養 ・栄養摂取の早期自立 ・周術期不安軽減と回復意欲の励起 ・麻酔科学会の中での周術期管理チーム医療 ・ディスカッション要旨 他
  • 第54回日本老年医学会学術集会 レポート
    シンポジウム
    「高齢者の嚥下障害、その評価と対応」
    シンポジウム2
    「高齢者の「サルコペニア」ならびに「虚弱」とその対策」
    シンポジウム5
    「高齢者の終末期医療をめぐる諸問題―これからの終末期医療はどうあるべきか?」
  • 第23回日本在宅医療学会学術集会 開催
    「在宅医療をすすめるために」をテーマに
  • NST専門療法士情報
    ・栄養サポートチーム専門療法士認定試験に関する広告 他
  • 学会情報
  • 新製品情報
    ・微量元素強化のクラッシュタイプのゼリー飲料
    ・高カロリーの半固形流動食
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(20) 井上善文先生
    「immunonutrition…正しい使い方は、今は、どう考えるべきでしょうか」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年7月号(通巻第344号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年7月号(通巻第344号)

  • 第15回日本高齢消化器病学会開催
    ワークショップ報告
    ~高齢者における栄養療法の現状と問題点~
    ・栄養スクリーニング ・高齢膵性糖尿病患者 ・高齢者肝硬変 ・消化吸収障害 ・高齢PEG適応について 他
  • 日本麻酔科学会第59回学術集会 開催
    シンポジウム報告
    「麻酔科医によるERAS(包括的周術期管理プロトコル)への取り組み」
    ・ERASプロトコルの本邦への導入・普及に関する課題
    ・他職種との連携
    ・疼痛コントロールのエンドポイント など
  • 消費者庁「食品の機能性評価モデル事業」の結果公表
    ・諸外国等における健康強調表示制度の実態調査
    ・食品成分の機能性評価に係る評価基準等の検討
    ・食品成分の機能性評価に係る課題等の整理 など
  • 第57回日本透析医学会学術集会開催
    シンポジウム報告
    「透析と栄養:病態、評価から患者指導まで」
    ・サルコペニア ・透析患者における炎症マーカーと栄養 ・透析患者における血清アルブミン測定の意義 ・食事指導の実際 ・PEWの評価 その他
  • NST専門療法士情報
    ・栄養サポートチーム専門療法士認定試験に関する広告 他
  • 学会情報
  • 新製品情報
    ・常温で使用可能な固形化補助粉末 ・天然食品を主体とした濃厚流動食
  • 連載 輸液療法のポイント №47 杉浦伸一先生
    「PCOS患者のたんぱく質、糖質摂取量」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(19) 井上善文先生
    「栄養管理のリスクマネジメントの第一歩は とにかく教育でしょう」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年6月号(通巻第343号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年6月号(通巻第343号)

  • 第49回日本外科代謝栄養学会学術集会の開催迫る
    ◎インタビュー  第49回会長 織田成人先生
    「侵襲学と代謝栄養学の新たな展開」をテーマに
  • 平成24年度介護報酬改訂 栄養関連の話題を中心に
    ①介護報酬改訂
    ・概要~在宅介護に重点配分~
    ・栄養関連の見直し 他
    ②社会福祉士及び介護福祉士法(一部改正)
    ~介護職員等によりたんの吸引等の実施について
  • 第39回日本血液浄化技術学会学術大会 開催
    ・シンポジウム「透析患者の栄養管理」より
  • NST専門療法士情報
    ・栄養サポートチーム専門療法士資格更新のお知らせ 他
  • 学会情報
  • 新製品情報
    ・たんぱく質・糖質調整栄養機能食品/アルギニン配合流動食/
    無脂肪の栄養機能食品/粘度調整食品
  • 連載 輸液療法のポイント №46 杉浦伸一先生
    「コーヒーの摂取と各種疾患の関係」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(18) 井上善文先生
    「本来のカテーテル敗血症の定義は?
    日本の基準を作らなくては。」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年5月号(通巻第342号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年5月号(通巻第342号)

  • 2012年度診療報酬改定のポイント
    ・栄養管理実施加算が入基料等に包括化
    ・栄養サポートチーム加算の対象拡大
    ・生活習慣病対策の推進
    ・小児の在宅経管栄養法の評価見直し 他
    ◎インタビュー 日本静脈経腸栄養学会理事長 東口髙志先生
    「今次診療報酬の改定と栄養管理体制のこれから」
  • 特集:最近の新製品紹介 【経腸栄養剤・食品】
    ・100kcal組成表による一覧の掲載
  • 新製品情報
    ・7種製品の特徴その他
  • NST専門療法士情報
    ・栄養サポートチーム専門療法士資格更新のお知らせ 他
  • 学会情報
  • 連載 輸液療法のポイント №45 杉浦伸一先生
    「胃食道癌患者への脂肪酸投与」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(17) 井上善文先生
    「胃瘻って嚥下障害患者もためだけではない、重症患者の栄養管理にも胃瘻は有用です」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年4月号(通巻第341号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年4月号(通巻第341号)

  • 第27回 日本静脈経腸栄養学会 開催
    ・新理事長 インタビュー:東口髙志先生
     日本静脈経腸栄養学会に対する思い/学会の将来の方向性に対する考え方
     学会理事長として取り組むべき目標
    ・学会開催報告 1万人以上の参加者 他
    ・救急・ICUプレミアムセミナー・Meet the Experts報告
     Stephen A. McClave 先生講演
    「最新SCCM/ASPENガイドラインの改訂について」
    「重症病態における実践的な早期経腸栄養戦略」
    ・JEFFスカラーシップ受賞の言葉
  • 「話題のキーワード」シャンピニオンエキスの臨床応用
    インタビュー:佐中 孜先生
    ・患者QOLと便臭/・腸内腐敗産物抑制対策の実際 他
  • 第39回日本集中治療医学会学術集会 開催
    ・パネルディスカッション「重症患者の栄養を考える」レポート
  • NST専門療法士情報
    ・栄養サポートチーム専門療法士平成24年度認定者の公示について 他
  • 新刊情報
  • 学会情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(16) 井上善文先生
    「CVラインから脂肪乳剤を側注してもいいんです、TPN輸液を止める必要はありません」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年3月号(通巻第340号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年3月号(通巻第340号)

  • 特集:アメリカ静脈経腸栄養学会 開催
    ・ASPEN 2012 REPORT 寄稿:井上善文先生
    ・日本からの発表演題一覧
    ・その他の主なプログラム一覧
  • 第15回 日本病態栄養学会 年次学術集会 開催
    ・合同パネルディスカッション「NSTの現状と課題」レポート
    ・その他の主なプログラム
  • 経腸栄養におけるポンプ使用の有効性
    「久留米大学病院におけるENポンプ導入の経緯と利用の現況」
    インタビュー:田中芳明先生
  • 学会情報
  • 新製品情報 高エネルギー、たんぱく質調整流動食「レナジーU」
  • 連載 輸液療法のポイント№44 杉浦伸一先生
    「がん悪液質患者の研究と対策」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(15) 井上善文先生
    「ミキサー食を簡単に投与できるシステムを開発してるんですが…」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年2月号(通巻第339号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年2月号(通巻第339号)

  • 特集:第27回日本静脈経腸栄養学会 開催
    ・「第27回日本静脈経腸栄養学会の開催にあたって」 会長 福田 能啓 先生
    ・参加者へのご案内
    ・タイムテーブル
    ・全プログラム掲載
    ・ようこそ!神戸 ―学会開催会場とその周辺情報―
  • 話題のキーワード「今注目を集める"サルコペニア"と栄養管理」
    ・糖尿病になりやすいのもサルコペニアが原因?
    ・サルコペニアの概念、原因、予防・治療のためには
    ・たんぱく質摂取とビタミンDが治療の鍵? ほか
  • 学会情報
  • 連載 輸液療法のポイント№43 杉浦伸一先生
    「がん悪液質患者に対する栄養療法」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(14) 井上善文先生
    「TPN基本輸液…全部入りキット製品ばっかりでいいの?」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年1月号(通巻第338号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2012年1月号(通巻第338号)

  • 特集:2012年 静脈経腸栄養分野の動向
    ―2011年のPENから見えてくる新たな流れ―
    ・水分管理 ・大震災レポート ・サルコペニア ・がん免疫栄養 ・2011年の新製品 他
  • 新春特別座談会
    「PEGと栄養 ―その現状と未来―」
    出席:井上善文先生 平良明彦先生 伊藤明彦先生 佐藤敦子先生 伊東七奈子先生
  • 第73回 日本臨床外科学会総会開催レポート
      ワークショップ:「NSTへの取り組みとその効果」レポート
      その他 主な栄養関連プログラム紹介
  • 学会情報
  • 新製品情報
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ 井上善文先生
    「PEGバッシング? PEGの適応より栄養管理の適応を考えよう」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年12月号(通巻第337号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年12月号(通巻第337号)

  • PENSA2011 in Taiwan
    第14回アジア静脈経腸栄養学会 開催
    麗しの島、フォルモサからのレポート 丸山道生先生
  • 第33回日本臨床栄養学会総会、第32回日本臨床栄養協会総会
    第9回大連合退会開催レポート
    ・シンポジウム「未来型NSTにおける管理栄養士」より
  • NST専門療法士情報
    ・平成23年度 NST専門療法士認定試験合格者(受験番号)一覧
  • 学会情報
  • 新製品情報
  • 連載 輸液療法のポイント №42 杉浦伸一先生
    「がん免疫栄養療法」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ 井上善文先生
    「総合栄養食品」は病者に適していると国が認定した流動食
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年11月号(通巻第336号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年11月号(通巻第336号)

  • 第8回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会 開催
     ・パネルディスカッション報告
     ①小児の栄養療法 ②栄養材の形状と機能 ③炎症性腸疾患とNST
  • リハビリテーション栄養の現況と展望 若林秀隆先生インタビュー
     ・リハビリテーション栄養とは/・リハビリテーション患者の低栄養/・サルコペニアとリハビリテーション栄養/・本分野の研究状況 その他
  • Abbott Japan Symposium in Sweden 開催
     ・癌患者の栄養療法~クロアチアのガイドラインを通して/・術後の体重減少~胃癌補助化学療法のキープレーヤー~
  • 第16回PEG・在宅医療研究会学術集会 開催
     ・特別企画「PEG在宅医療研究会の歩みと将来展望」他、一般演題より
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 新製品情報
  • 連載 輸液療法のポイント No.41 杉浦伸一先生
     「脂肪乳剤の問題点と今後」
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅣ(11)井上善文先生
    「薬剤師さんには、静脈栄養などについて
    もっともっと医師を指導してやってほしいのですけどね」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年10月号(通巻第335号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年10月号(通巻第335号)

  • ESPEN2011 in GOTHENBURG
    第33回欧州臨床栄養代謝学会開催 現地報告 入山圭二先生
    ・目立った多数の「sarcopenia」に関するセッション
    ・「進行癌における退社と機能改善を目的とした戦略」
    ・地中海食は認知機能に有効か?
     その他
  • 第13回日本褥瘡学会学術集会開催 栄養関連ワークショップから
    ・「栄養障害に至るピットフォール」
    ・「~適切な栄養を行ったはずなのに~
    消火器内科医が経験した栄養管理のピットフォール」
    ・総合討論
  • 第44回万国外科学会開催
     主なプログラムの紹介
  • 第5回日本栄養材形状機能研究会・講演会開催
     テーマ:形状変化栄養の理論と実践
     研究会報告/要望演題/シンポジウム 報告
  • 新製品情報
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載:輸液療法のポイント 杉浦伸一先生
    『脂肪乳剤の特徴と投与上の注意』
  • 連載:みんなの栄養管理講座 PartⅣ(9)井上善文先生
    『ESPENでSPN:補完的静脈栄養の有用性が発表されていたけど…』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年9月号(通巻第334号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年9月号(通巻第334号)

  • 第44回万国外科学会開催
    寄稿:「国際外科代謝栄養連合IASMEN2011横浜開催について」 大柳治正先生
  • 第16回日本緩和医療学会学術大会開催
    ・高齢化社会と多死の時代を見据えた医療に向けて
    ・緩和ケア25年のあゆみ
    ・教育講演 緩和ケアと栄養 東口髙志先生
     癌患者の栄養と看取り/侵襲によって低下した免疫能の向上のために/高齢化する日本におけるNSTの重要性/栄養療法から緩和ケアへのギアチェンジ/ハピネスをエンドポイントとした治療 他
    ・栄養・輸液 口演要旨
  • がん免疫栄養療法研究会 第1回症例検討会開催
     今日から始めるがん免疫栄養療法のすすめ 症例発表/パネルディスカッション
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載:みんなの栄養管理講座 PartⅣ(9)井上善文先生
    『半固形流動食やコンデンス型流動食の水はどうやって投与する?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年8月号(通巻第333号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年8月号(通巻第333号)

  • 第22回日本在宅医療学会開催
    ・シンポジウム 「在宅栄養療法の現状と問題点」
    ・緊急討論「東日本大震災に対する学会の役割」
    ○インタビュー 在宅医療と栄養管理の現況と問題点
    蘆野 吉和 先生(十和田市立中央病院 院長)
  • 第66回日本消化器外科学会総会開催
    ・ワークショップ「消化器外科周術期における栄養管理の進歩」レポート
  • 日本外科代謝栄養学会 第48回学術集会開催
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 連載:みんなの栄養管理講座partⅣ(8) 井上善文先生
    「ERASって、患者さんが楽に、自然に、
    無理なく回復できるようにするためのもの」


静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年7月号(通巻第332号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年7月号(通巻第332号)

  • 第27回日本老年医学会 第53回日本老年医学会学術集会開催
    ・サルコペニア ―研究の現状と未来への展望―
      日常生活機能と骨格筋量、筋力との関係
    ○インタビュー サルコペニアを巡って 葛谷雅文先生
    ・一般演題より 「高齢者の栄養管理」関連
  • Topics がん免疫栄養療法研究会 発足
  • 第56回日本透析医学会 学術集会・総会開催 Japan Kidney Week
    ・透析患者の栄養管理
  • Topics 日本外科代謝栄養学会 第48回学術集会開催情報
  • 新製品情報 クリニコ おかずゼリー
  • 学会情報
  • 連載:輸液療法のポイント№39 「たかが水 されど水」杉浦伸一先生
  • 連載:みんなの栄養管理講座partⅣ(7) 井上善文先生
      「経腸栄養がきちんと実施できないということは、PEGを使えていないということ」


静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年6月号(通巻第331号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年6月号(通巻第331号)

  • 東日本大震災特集その2
    東日本大震災における医療現場の状況
    ~仙台・いわき市内の病院を訪ねて~
    インタビュー1:仙台オープン病院 副院長 土屋 誉先生/
    栄養管理室栄養係長 佐藤敦子先生
       ・地震発生時とその後の対応/・褥瘡やPEM増加の懸念/・栄養士の活躍に期待 他
    インタビュー2:福島労災病院 栄養サポートセンター 田村佳奈美先生
      ・NST回診時に地震発生/・栄養材確保に奔走/・避難所の食生活の問題点 他
  • 学会情報
  • 日本初の総合栄養食品表示許可製品登場
      次代を担う経腸栄養製品を考える
    ―特別用途食品制度における総合栄養食品の位置づけと今後の課題―
    インタビュー1:井上善文先生(川崎病院 外科総括部長)
    インタビュー2:足立香代子先生(せんぽ東京高輪病院 栄養管理室長)
  • 連載:みんなの栄養管理講座 partⅣ(6) 井上善文先生
    「井上くん、日本の栄養管理はこれでいいのか?
    私はこれではダメだと思うけどな。」

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年5月号(通巻第330号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年5月号(通巻第330号)

  • 東日本大震災における医療現場の状況
    ~福島県第一原発 隣接地域より~
    医療法人伸裕会 渡辺病院院長 標葉隆三郎先生 インタビュー
  • 第22回日本在宅医療学会学術集会開催
    ・医の原点から見た在宅医療
    ・緊急討論「東関東大震災における医療のあり方」
    ・セミナープログラム紹介
  • 第26回日本静脈経腸栄養学会 ランチョンセミナー報告
    「高齢化が進む欧州における栄養管理」
    ・深刻化する栄養不良
    ・癌悪液質とサルコペニア
    ・スクリーニングの義務化および栄養療法の専門家の認定制度
  • 第26回日本静脈経腸栄養学会 フェローシップ賞受賞者講演より
    「経腸栄養成分が高齢者の獲得免疫/インフルエンザ抗体価に及ぼす影響」
    医療法人さわらび会 福祉村病院 赤津裕康先生
  • 学会情報
  • 連載:輸液療法のポイント№38 杉浦伸一先生
    「たかが水 されど水(前編)」
  • 連載:みんなの栄養管理講座 PartⅣ(5) 井上善文先生
    「カテーテル敗血症予防対策:CDCが何と言おうと、日本では末梢ラインは96時間以内に入れ換えるほうがいい!」
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年4月号(通巻第329号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年4月号(通巻第329号)

  • 第38回日本集中治療医学会学術集会開催
    シンポジウム「日本版重症敗血症診断・治療ガイドライン作成に向けて」報告
    ・Sepsis Registry委員会からの第2回調査報告
    ・日本集中治療医学会Sepsis Registryに基づく
    日本版重症敗血症治療ガイドライン作成の進捗状況報告
    ・Surviving Sepsis Campaign Guidelines再検討をめぐって
  • 特別座談会 「周術期管理の新しい流れ」
    「急性期栄養管理の最近の話題」
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 輸液療法のポイント 杉浦伸一先生
    「重篤な死亡事故にみるトリプトファン投与による副作用」
  • みんなの栄養管理講座Part Ⅳ(4)井上善文先生
    『きちんとしたHPNができる体制がまだできてないなんて信じられない!』
    ※新シリーズ開始第4回
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年3月号(通巻第328号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年3月号(通巻第328号)

  • ASPEN Clinical Nutrition Week 2011開催
     レポート:井上善文先生
  • 特別座談会「水分管理をおろそかにしていませんか?」
     ―経腸栄養管理における水分管理の重要性とその投与方法を考える―
  • SCCM(アメリカ集中治療医学会)2011開催
     レポート:小谷穣二先生
  • アボットジャパン ニュートリションフォーラム2011開催
  • JSPEN2011開催報告
  • ジェフスカラーシップ受賞の言葉
  • NST専門療法士情報 学会情報
  • みんなの栄養管理講座 PartⅣ(3)
     『NST加算のおかげで院内の栄養管理レベルが上がりましたよ』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年2月号(通巻第327号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年2月号(通巻第327号)

  • 第26回日本静脈経腸栄養学会の開催にあたって
     会長インタビュー 東口髙志先生
  • 海外招聘・シンポジストPROFILE
  • 第26回日本静脈経腸栄養学会日程表
  • 第26回日本静脈経腸栄養学会プログラム
  • 第26回日本静脈経腸栄養学会会場周辺情報
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 輸液療法のポイント36 杉浦伸一先生 
  • みんなの栄養管理講座 PartⅣ(2) 井上善文先生
     『PEG:「いろう」でもいいけど、漢字で正確に「胃瘻」って書ける?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年1月号(通巻第326号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2011年1月号(通巻第326号)

  • 011年 静脈経腸栄養分野の動向
  • 第72回日本臨床外科学会総会開催
     「外科周術期の栄養管理、その最近の進歩と工夫」
     ワークショップレポート
  • 第23回日本外科感染症学会総会開催
     「感染制御のための周術期免疫/栄養療法」
     ワークショップレポート
  • 学会情報
  • 輸液療法のポイント35 杉浦伸一先生
  • みんなの栄養管理講座PartⅣ(1)井上善文先生
     『栄養管理、その関連の輸液・栄養剤・器具、安すぎる…どう考えても』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年12月号(通巻第325号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年12月号(通巻第325号)

  • 特集「がん治療における栄養サポート」
    (1)第48回日本癌治療学会学術集会開催
    「がん治療における栄養サポート」パネルディスカッション報告
    ・SGAを用いた外来からの消化器癌術前栄養評価と術前栄養介入
    ・経腸栄養剤による抗癌剤毒性発現抑制効果の検討
    ・膵癌化学療法における栄養サポートの実践とその効果
     他
    (2)“痩せない術前栄養管理の重要性”比企直樹先生インタビュー
    ・癌患者のQOLを著しく低下させる体重減少
    ・癌の炎症を抑えるEPAに期待
    ・癌と“共存”するための方法
     他
  • 連載エッセイ 小越章平先生  静脈・経腸栄養の発展を思い出すままに
    第26回(最終回) 「万病に効く薬はない、しかし栄養は万病に効く」
  • みんなの栄養管理講座 PartⅢ(32) 井上善文先生
    『血清アルブミン値は重要な栄養評価指標。測定値をどう解釈するかが重要なんや。』
  • 学会情報
  • JSPEN2011開催情報
  • NST専門療法士情報
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年11月号(通巻第324号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年11月号(通巻第324号)

  • 第7回日本在宅静脈経腸栄養研究会 学術集会開催
    教育講演、Topics1・2、一般演題・要望演題より
  • 第17回日本門脈圧亢進症学会総会 開催
    ワークショップ3「門脈圧亢進症と栄養管理」レポート
  • 特集:半固形化の現在 第4回日本栄養材 形状機能研究会の報告から
    インタビュー 楠 裕明先生(川崎医科大学)、村松博士先生(清田病院)
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 輸液療法のポイント 杉浦伸一先生
  • みんなの栄養管理講座 PartⅢ(31)
    『たんぱく質投与量は「体重×ストレス係数」の式で計算する?本当に正しいのか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年10月号(通巻第323号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年10月号(通巻第323号)

  • ESPEN 2010 NICE
    第32回 欧州臨床栄養代謝学会 現地報告 入山圭二先生
  • 第12回日本褥瘡学会学術集会シンポジウム
    「QOL向上を目指した栄養管理」レポート
  • 第32回日本臨床栄養学会総会 第31回日本臨床栄養協会総会
    第8回大連合大会シンポジウム
    「高齢者栄養ケア・マネジメントの課題と対応」レポート
  • 第15回PEG・在宅医療研究会(HEQ)学術集会開催 栄養投与レポート
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 輸液療法のポイント 杉浦伸一先生
  • みんなの栄養管理口座PartⅢ(30) 井上善文先生
    『栄養管理の倫理的問題も考えておく必要はあるけどな』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年9月号(通巻第322号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年9月号(通巻第322号)

  • JSPEN2011、本格始動!
  • 日本呼吸療法医学会「人工呼吸管理中の栄養管理ガイドライン」特集
  • ガイドライン作成委員会委員長 氏家良人先生インタビュー
  • 「急性呼吸不全による人工呼吸患者の栄養管理ガイドライン」抜粋
  • 書籍情報
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント32 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅢ(28) 井上善文先生
    『褥瘡の治療に栄養管理って大事なんやろ?当たり前やんか!!』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年8月号(通巻第321号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年8月号(通巻第321号)

  • 日本外科代謝栄養学会開催 卒後研修シンポジウム
  • 日本外科代謝栄養学会 栄養関連セッション報告
  • 日本外科代謝栄養学会 周術期早期回復(ERAS)シンポジウム
  • 日本消化器外科学会 周術期栄養管理パネルディスカッション
  • 日本老年医学会 高齢者の栄養管理パネルディスカッション
  • 学会情報
  • 新製品情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント31 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅢ(28) 井上善文先生
    『cyclic TPN(間歇的輸液法)はどうやってやるん?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年7月号(通巻第320号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年7月号(通巻第320号)

  • 栄養サポートチーム加算新設に関するシンポジウム開催報告
  • NST加算シンポジウム 質疑応答
  • NST加算研修の研修要件への対応 日本健康・栄養システム学会の場合
  • 第21回日本在宅医療学会学術集会 開催
  • 東邦大学医療センター大森病院NST10周年記念祝賀会 開催
  • JSPEN支部会情報 続報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント30 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅢ(27) 井上善文先生
    『在宅医療は積極的に推進すべきやとは思うけど…レベルが問題や!』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年6月号(通巻第319号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年6月号(通巻第319号)

  • 第33回日本栄養アセスメント研究会 開催
  • 日本静脈経腸栄養学会支部会情報
  • 第110回日本外科学会定期学術集会 報告
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント29 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅢ(26) 井上善文先生
    『病態別経腸栄養剤、中身を理解して使ってるか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年5月号(通巻第318号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年5月号(通巻第318号)

  • トピックスNST加算新設 東口髙志先生インタビュー
  • 今回のNST加算についての一考察 標葉隆三郎先生インタビュー
  • NST加算資料集
  • 学会情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント28 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅢ(25) 井上善文先生
    『ポートが感染したら絶対抜かなくてはならない? いろんな対処法はあるんやけどな…』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年4月号(通巻第317号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年4月号(通巻第317号)

  • 第25回日本静脈経腸栄養学会開催
    各AWARDS受賞者発表
  • JSPEN2010海外招聘講演 レポート
  • 第5回ネスレ臨床栄養セミナー レポート
  • JEFFスカラーシップ賞受賞のことば
  • 平成22年度診療報酬改定速報
  • ASPEN2010レポート 宮澤靖先生
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント27 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅢ(24) 井上善文先生
    『がんばって栄養療法を実践している栄養仲間が全国に大勢いるんですよ!』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年3月号(通巻第316号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年3月号(通巻第316号)

  • メディケアフーズ展開催
  • メディケアフーズ展セミナーレポート
  • 学会情報
  • 新刊情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント26 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅢ(23) 井上善文先生
    『やっぱり外科医にとっても栄養管理は重要なんじゃないか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年2月号(通巻第315号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年2月号(通巻第315号)

  • 第25回日本静脈経腸栄養学会の開催にあたって
    会長挨拶 城谷典保先生
  • 学会参加者への御案内
  • 学会タイムテーブル
  • ポンプを使った経腸栄養でICUの治療成績が向上! 西田 修 先生
  • 栄養評価法:MNA 東口髙志先生
  • 第25回日本静脈経腸栄養学会 プログラム
  • 学会会場周辺案内
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント25 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅢ(22) 井上善文先生
    『エネルギー投与量はどうやって決定するのが正しい?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年1月号(通巻第314号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2010年1月号(通巻第314号)

  • 2010年静脈経腸栄養製剤の現況と展望-最近の製剤開発のトレンドは?
     ・静脈栄養製剤の現況と展望  標葉隆三郎先生
     ・最新の経腸栄養材・流動食のトレンド  田中芳明先生
  • 高齢患者に適した栄養評価法:MNA  井上善文先生
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅡ(55) 井上善文先生
    『医療の原点は患者さんの立場になって考えること。己所不欲。勿施於人』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年12月号(通巻第313号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年12月号(通巻第313号)

  • 第14回 HEQ研究会開催
    パネルディスカッション「PEG造設患者のQOLを考える」レポート
  • 第47回 日本癌治療学会学術集会開催 「癌治療と栄養管理」レポート
  • 第6回 日本在宅静脈経腸栄養研究会 学術集会開催
    シンポジウム・特別講演レポート
  • チーム医療フォーラム主催
    第1回 チーム医療推進全国会議 開催レポート
    テーマ:「君も“草の根”講師になろう」
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント24 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅡ(54) 井上善文先生
    『静脈栄養を本当に理解して実施できる医師はどのくらいいるんだろう?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年11月号(通巻第312号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年11月号(通巻第312号)

  • 日本臨床栄養学会総会・日本臨床栄養協会総会 第7回連合大会 開催
    パネルディスカッションレポート「クリティカルケアにおける栄養サポート」
  • 第15回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会 開催
    指定テーマ演題「経管栄養」
  • 創傷治癒を考慮した栄養療法に関する検討会 開催
  • 学会情報
  • 新製品情報
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント23 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅡ(53) 井上善文先生
    『適切な栄養療法とは、一日必要量を、その日のうちに、毎日、投与すること』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年10月号(通巻第311号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年10月号(通巻第311号)

  • ESPEN2009開催 現地報告 入山圭二先生
  • 第11回日本褥瘡学会 ワークショップ
    「褥瘡の栄養管理で困った事例」レポート
  • 第3回日本栄養材形状機能研究会・講演会開催レポート
  • 栄養成分キーワード解説シリーズ「フラクトオリゴ糖」
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント22 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(52) 井上善文先生
    『医師に対する臨床栄養教育が今後の最重要課題だと思いますよ』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年9月号(通巻第310号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年9月号(通巻第310号)

  • 第20回 日本在宅医療学会学術集会 開催
  • 特集 静脈経腸栄養用バッグ型製剤・流動食の現況
    鷲澤尚宏先生 インタビュー
  • 各社の主なバッグタイプ経腸栄養製品紹介
  • HEQ研究会開催予告
  • 第1回「チーム医療推進全国会議」に参加しよう!
  • 新刊紹介
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント21 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(51) 井上善文先生
    『脂肪乳剤は投与せなあかんの? いつ投与せなあかんの?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年8月号(通巻第309号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年8月号(通巻第309号)

  • 日本外科代謝栄養学会 第46回学術集会開催
  • 第64回日本消化器外科学会 ワークショップレポート
  • 病態別栄養管理シリーズ3―糖尿病用製剤
    糖尿病における栄養管理 幣憲一郎先生インタビュー
  • 第52回日本糖尿病学会年次学術集会 開催
  • 糖尿病用栄養食品一覧
  • 第54回日本透析医学会 シンポジウムレポート
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント20 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(50) 井上善文先生
    『中心静脈カテーテルはいつまで留置できるん? 入れ換えなくてええの?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年7月号(通巻第308号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年7月号(通巻第308号)

  • PENSA2009開催 理事会報告記 大柳治正先生
  • PENSA学会レポート 丸山道生先生
  • 病態別栄養管理シリーズ2―腎不全用製剤
    「腎疾患におけるチーム栄養管理」
    京都大学病態栄誉腰部栄養管理質 幣憲一郎先生/玉井由美子先生インタビュー
  • 「腎不全用製剤の特徴や使い方」
    東京女子医科大学東医療センター内科 佐中 孜先生インタビュー
  • 腎不全用製剤一覧
  • NST専門療法士情報
  • 学会情報/新製品情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント19 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座PartⅡ(49) 井上善文先生
    『イレウスで栄養障害になっている症例はいつまで術前に栄養管理する?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年6月号(通巻第307号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年6月号(通巻第307号)

  • 第32回日本栄養アセスメント研究会 レポート
  • 病態別栄養管理シリーズ1―肝不全用製剤
    「BCAA製剤の種類と選択」盛岡市立病院院長 加藤章信先生インタビュー
  • 肝不全用輸液・経腸栄養剤リスト
  • 「肝疾患におけるチーム栄養管理」 獨協医科大学越谷病院 鈴木壱知先生インタビュー
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント18 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(48) 井上善文先生
    『処方を考える時、NPC/N比を計算したことあるか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年5月号(通巻第306号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年5月号(通巻第306号)

  • 腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム ワークショップ
    「腎不全・透析患者の栄養評価に適切な指標は何か」レポート
  • Dudrick Symposium レポート
  • 学会情報 JSPEN理事会報告 教育セミナー開催 PENSA開催 ほか
  • NST療法士情報
  • 新刊、新製品情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント17 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(47) 井上善文先生
    『経腸栄養にこだわりすぎて、適切な栄養管理ができてない患者はいませんか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年4月号(通巻第305号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年4月号(通巻第305号)

  • 第36回日本集中治療医学会学術集会
    ワークショップ「侵襲期の輸液栄養管理」レポート
  • 「静脈経腸栄養管理中に水分過剰投与により溢水状態となった慢性腎不全患者の1例」
    玄々堂君津病院管理栄養士 西井大輔先生に聞く
  • チーム医療フォーラムホームページ立ち上げ
    秋山和宏先生インタビュー
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント16 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(46) 井上善文先生
    『栄養療法の威力を実感したことがないんと違うか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年3月号(通巻第304号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年3月号(通巻第304号)

  • 第24回日本静脈経腸栄養学会開催
    ―新理事長に平田公一先生就任― 平田公一先生インタビュー
  • 第4回ネスレ臨床栄養セミナー「病態別栄養ケアとアルギニンの働き」
  • Clinical Nutrition Week2009 ニューオリンズで開催
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • NST専門療法士情報
  • 連載 輸液療法のポイント15 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(45) 井上善文先生
    『有効性を示すエビデンスがあるかどうかも知らないで、
    ニードルシステムを使っているのでは?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年2月号(通巻第303号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年2月号(通巻第303号)

  • 臨床栄養法の全国的な普及を目指して
    ―JSPEN支部会活動の現況と今後―
    JSPEN支部委員会委員長 里見 進先生インタビュー
  • 日本病態栄養学会・JSPEN合同パネル報告
  • NST専門療法士情報
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント14 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 Part Ⅱ(44) 井上善文先生
    『カテーテル敗血症って、おまえが思っているよりずっと大変な問題なんやで』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年1月号(通巻第302号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2009年1月号(通巻第302号)

  • 新年の御挨拶 JSPEN理事長 大柳治正先生
  • 特集 第24回日本静脈経腸栄養学会
  • JSPEN インフォメーション
  • TNT全国会議開催
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 輸液療法のポイント 13 杉浦伸一先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(43) 井上善文先生
    『経腸、経腸って言ってるけど、経腸栄養剤の組成は理解できてるんか?』
静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2008年12月号(通巻第301号)

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2008年12月号(通巻第301号)

  • 第24回日本静脈経腸栄養学会会長インタビュー 高松英夫先生
  • 半固形栄養剤・増粘剤の現況 丸山道生先生インタビュー
  • JSPENインフォメーション
  • 学会情報
  • HEQ研究会開催
  • 連載エッセイ 小越章平先生
  • 連載 みんなの栄養管理講座 PartⅡ(42) 井上善文先生『CVC挿入がうまくなるには、どうやって練習・実践する?』

静脈経腸栄養ニューズ「PEN」2008年12月号(通巻第301号)以前の号に関しては、編集部までお問い合せ下さい。

PAGETOP